『イッテQ!』出川哲朗の言動に『スター・ウォーズ』俳優が怒り!?

まいじつ

2019/6/17 11:00

出川哲朗 
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

6月16日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、出川哲朗が世界の著名俳優との〝2ショット撮影〟に臨んだ。出川は拙い英語とユニークな身振り手振りで俳優とコミュニケーションを取り、2ショットを続々と撮影した。視聴者からは果敢に2ショットに挑んだ出川を称える声が出た一方で、米俳優のアダム・ドライバーを「怒らせたのでは」と指摘する声も相次いでいる。

この日は『パパラッチ出川』の企画で、出川と谷まりあがフランス・カンヌを訪問。本物のパパラッチの案内のもと、カンヌ映画祭に参加する俳優との2ショット撮影に挑んだ。

一行は「暇つぶしにセレブが遊びに来るかもしれない」とのアドバイスをもとに、現地のカジノ周辺で張り込み。すると映画『マスク・オブ・ゾロ』で主演を務めたフランス人俳優、アントニオ・バンデラスと鉢合わせ。バンデラス本人はカメラに目線を向けなかったが、出川はバンデラスをバックに〝2ショット〟を撮影することに成功した。

アダム・ドライバーが出川の前できびすを返し…


夜のレッドカーペットの前には「アダム・ドライバーも現れる」と知らされ、出川らは興奮。以前2回、アダムと2ショットを撮ろうとした経験があるといい、「今度こそは仕留める」と意気込んだ。

スター・ウォーズ』のカイロ・レン役で有名なアダムが現れると、出川は日本語と英語を織り交ぜながら3回目の〝対面〟だと大声でアピール。『スター・ウォーズ』のBGMを大声で歌いながらアピールしていたが、アダムは出川の目の前でくるりと方向転換し、その場を立ち去ってしまった。出川は顔をゆがめて残念がり、谷も「なんでいっつも、近いのに…」と嘆いていた。

視聴者はこの日も出川の果敢な行動を称えていたが、アダムが出川の目の前で引き返したことに注目。声を張り上げる出川のアピールや、ダースベイダーのモノマネが悪影響を及ぼしていると指摘する声が続出した。

《帰るときめっちゃ険しそうな顔して立ち去った気がする》
《アダムは、わざと出川の前で踵を返してるんじゃない?》
《アダムはダースベイダーじゃないから。カイロレンだからwはっきり言って失礼だよ》
《アダム・ドライバーに向かってダース・ベイダーのテーマは逆効果だと思われ…カイロ・レンとベイダーはあまり関係なくない…》
《明らかにアダムに避けられてるね》

大声でアピールすると俳優によっては不快感を覚えるのかもしれない。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ