待望のプロポーズだったけど…泣く泣く「お断りした理由」聞いてみた

fumumu

2019/6/16 05:00


結婚願望のある女性にとって、憧れのプロポーズ。しかし、とにかく結婚さえできればいい…というわけではないですよね。

結婚観や将来設計の違いにより、泣く泣く断る人も少なくありません。

fumumu取材班が、プロポーズをお断りした理由について、経験女性たちに詳しい話を聞きました。

(1)仕事を辞めたくなかったから


「海外転勤が決まったのをきっかけに、彼氏からプロポーズされました。行き先は、スウェーデン。環境もいいし、一緒に来て欲しいと言われました。

海外移住に興味はありましたが、どうしても今の仕事を辞めたくなかった私。『帰国するまで遠距離恋愛したい』『休みの度に遊びに行くから』と提案もしましたが、彼氏は納得してくれませんでした。結局、お断りすることにしました」(20代・女性)

(2)田舎暮らしは無理だから


「プロポーズ後、『ゆくゆくは実家で農業を継ぎたい』と言い出した彼氏。付き合っていた時にそんな素振りは全く見せなかったのに、『一生サラリーマンでいたいとは思えない』と、突然カミングアウトされました。

彼氏の実家は、九州の山奥にあります。自然が多く気持ちのいい地域ではありますが、コンビニまでも車で30分程度かかる辺境で、超不便。そこでの暮らしは到底ムリだと思った私は、泣く泣くお断りしました」(20代・女性)

(3)義理親と同居したくなかったから


「彼氏からプロポーズされました。『結婚しても仕事を辞めなくていい』とか『子育ては一緒に頑張ろう』と言ってもらうこともでき、幸せになれると思っていました。

ただ、その後『親が協力してくれるから安心して』と、想定外の同居話を持ち出されて…。『2人で暮らしたい』と、彼氏を説得すべく頑張りましたが、結局受け入れてもらうことはできなかったので、プロポーズはお断りしました」(20代・女性)

たとえ結婚に至らなかったとしても、プロポーズされるだけの魅力があると分かっただけで儲けものです。

前向きに、次の恋愛に進みたいですね。

・合わせて読みたい→これならすぐに結婚できる!? 彼氏が覚悟できる3つの要因

(文/fumumu編集部・志都)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ