4歳男児の腸からミミズのように蠢く回虫を多数摘出(カメルーン)

カメルーンに住む4歳男児が腹部の激痛、嘔吐、腹部膨満感を訴え病院を訪れたところ、回虫症と診断され手術を受けた。男児は栄養失調で6か月ほどひどい便秘で苦しんでおり、入院する3日ほど前から症状が悪化していた。

メディカルリポート『Journal of Medical Case Reports』は先月24日、カメルーン北西部のマンシャム地区在住の4歳男児が腸に寄生する回虫(線虫の一種)によって引き起こされる回虫症を患っていたことを発表した。

担当した医師によると、男児の小腸には回虫がびっしりと寄生して蠢いており、小腸を2センチほど切開し回虫の摘出手術を行ったとのことだ。男児はこれまでに一度も駆虫をしたことがなかったが、男児と家族全員にベンゾイミダゾール系の駆虫薬メベンダゾールが処方された。男児は順調に回復し、1週間後には退院している。

日本ではほとんど見られなくなった回虫症だが、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)によると、世界では8億700万~12億人が感染しているという。感染者は衛生状態が悪い地域や熱帯や亜熱帯地域の2歳~10歳の子供がほとんどで、よく洗っていない野菜などについた回虫の虫卵を飲み込んだり、虫卵が混じった人間の便に触れることで感染する。

このたび感染した男児の場合、白肌色のミミズ状の虫が小腸にびっしりと蔓延っていた。体内に入り卵からふ化した幼虫が小腸を通り抜けて肺で成長し、再び小腸に戻って成虫となるまでに2~3か月かかるとされ、成虫は大きいもので約50センチにもなる。駆虫せずに放置した場合は感染者の成長が妨げられ、腸閉塞を起こすこともあるそうだ。

ちなみに寄生虫の感染は、子供ばかりとは限らない。3月にはインド北部に住む18歳の少年が脳に嚢虫が寄生する「神経嚢虫症」により死亡しており、また昨年9月にはBBQが好きな中国人の男性の脳から10センチの寄生虫が摘出されていた。

画像2枚目は『Journal of Medical Case Reports 2019年5月24日付「Small bowel obstruction complicating an Ascaris lumbricoides infestation in a 4-year-old male: a case report」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ