KANA-BOON飯田祐馬が失踪、ツイッターでは清水富美加と関連づける声も

wezzy

2019/6/15 01:05


 人気バンド「KANA-BOON」のベーシスト・飯田(めしだ)祐馬(28)が、6月5日から失踪状態だということが公表された。KANA-BOONは15日に開催予定のライブ『KANA-BOONのOSHI-MEEN!!』を中止すると発表。バンド公式サイトで「6月5日(水)より、飯田祐馬(Ba)と連絡が取れておらず、あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております」と報告、すでに家族が警察へ捜索願を出したという。

飯田祐馬は5月31日にTwitterで「ラジオ聴いてくれた人ありがとう!! 6/12に発売のまっさらもカップリングのFLYERSもよろしくお願いします!! 6/15のライブでもお会いしましょう!! 楽しみがいっぱいで嬉しいです!!」と投稿していた。その後、一体何があったのだろうか。

行方不明という不穏な発表を受け、多くの音楽ファンがライブ延期を嘆くよりも、飯田祐馬の身を案じるコメントをSNSに投稿している。また飯田祐馬が一昨年、宗教法人「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加(法名・千眼美子)と不倫関係にあったことを公表・謝罪したことと関連付ける声もあるが、あまりに今更なうえ根拠は何もない。

バンドメンバーの失踪自体はそう珍しいことではなく、3年前にはBase Ball Bearのギター・湯浅将平がメンバーと「音信不通」になり、その後脱退。湯浅将平は2016年2月中旬、バンドで制作作業を予定していたスタジオに現れず、メンバーたちが連絡を取ろうとしても取れない状態になっていたという。だがこれは脱退意思を直接メンバーに伝えられなかったためだったようだ。

ただ飯田祐馬の場合は、家族が警察に届けを出しており、バンドメンバーのみならず配偶者も連絡が取れない状態であることがうかがえる。一週間以上、自宅にも帰らず行方が知れないとなれば、親しい人々の心配が募るのは当然だ。KANA-BOONが公式サイトで情報を出したことにより、失踪の事実について広く拡散されているが、一刻も早く安否を確認できるよう祈りたい。また、この機に乗じて無責任なデマが流れることも予想されるが、不確かな伝聞情報は安易に拡散しないよう気をつけてほしい。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ