映画『シャイニング』の続編『ドクター・スリープ』日本公開決定 惨劇から生き残った息子・ダニーの40年後を描く[ホラー通信]

ガジェット通信

2019/6/14 22:00



スタンリー・キューブリックが手掛けた伝説的ホラー映画『シャイニング』(1980)の続編となる、『ドクター・スリープ』が2019年冬に日本公開決定。

原作は、スティーヴン・キングが2013年に発表した『シャイニング』の続編となる同名小説。閉ざされた雪山のホテルでジャックが狂気にとらわれ家族に襲いかかったあの事件から40年、事件の生き残りである息子・ダニーが大人になってからの物語です。今作でダニーを演じるのはユアン・マクレガー。監督&脚本をNetflixで配信されたキング原作の『ジェラルドのゲーム』(2017)でメガホンを取ったマイク・フラナガンが務めています。

日本公開情報と併せて、US版予告編に日本語字幕をつけたものが解禁となっています。

『シャイニング』では幼かったダニーは大人になり、“誰か”と黒板を通して“会話”をしている様子。「ハロー」、「おはよ」、「学校」と他愛ないやりとりが続く中、ある夜、轟音で起こされたダニーが見つめる鏡の先には、「REDRUM」の文字が浮かび上がっていました。幼いころのあの事件を回想するダニー。三輪車で走ったオーバールックホテルの廊下、“あの”237号室、バスタブからのぞく不気味な女、エレベーターから溢れ出す凄まじい量の血。『シャイニング』の印象的なシーンが挟み込まれています。

ティザービジュアルでは、“REDRUM”の文字と鏡文字になった『ドクター・スリープ』のロゴが。鏡に映して『シャイニング』のウェンディよろしく叫びたくなる。

日本公開は2019年冬。アメリカ本国での公開が11月8日ですから、あまり間を空けずに観られそうですね。

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ