眠っている間に、顔のシワを増やさないためには?

マイロハス

2019/6/14 20:30

顔を触る女性
image via shutterstock

シワというのは自然な老化現象のひとつ。年齢を重ねていくと、肌の弾力が失われてコラーゲン(肌にハリを与える繊維)の生成が減り、目やおでこ、口、さらには首などの周りに小ジワや深いシワができてきます。

前編では、シワが知らぬ間に増えてしまうNG習慣を紹介しました。今回は、嫌なシワを減らしたいなら取り入れるべきことに注目します。

睡眠を優先する

睡眠
image via shutterstock

美は睡眠によって得られるというのは、本当なんです。私たちの肌は寝ている時に回復モードに切り替わります。皮膚の肥厚細胞のターンオーバーを促進し、コラーゲンの生成を促し、細胞が早く入れ替わるように血行をよくするのです。

「睡眠によって得られる効果と同じ効果をもたらす注射やレーザー、プロダクトは存在しません」と話すのはニューヨーク大学ランゴン医療センター皮膚科臨床准教授で皮膚科専門医のドリス・デイ医学博士です。アメリカ国立睡眠財団は、毎晩少なくとも7時間から9時間の睡眠をとることを推奨しています。

そして、寝るときの姿勢は、仰向けのほうがシワの予防にいいのでしょうか? 人は平均して一晩の間に16~20回ほど姿勢を変えているので、どんな姿勢で頭を休めたらいいのかを考えても無駄です。

でも、ベッドリネンの素材については別。たとえば枕カバーなら、綿よりもシルクのほうが肌に優しいかもしれません。

シワと闘うスキンケアをためしてみる

化粧品
image via shutterstock

美容注射や点滴はすばやく肌を修復してくれますが、一番自然に見える方法とは限りません。値段が高いのは言うまでもなく、肌に針を刺さないといけないというのが嫌ですよね?

医者に行かなくてもできる、シワを予防するのによいトリートメント方法もたくさんあります。化粧品などを選ぶ時に気にすべき成分は、次の通り。ただしすぐに効果は現れにくいので、焦らないことが大切です。
  • レチノール:シワを改善するコラーゲンの生成を促進します。
  • ペプチド:アミノ酸の鎖で、コラーゲンやエラスチンの生成を助けます。レチノールと似ていますが、そこまで強くなく、刺激性もありません。
  • レスベラトロル:フリーラジカル(肌細胞を傷つけるとされている不安定な分子)と戦う抗酸化物質で、コラーゲンとエラスチンへのダメージを防ぎます。
  • ヒアルロン酸:肌に水分をもたらし、一時的にシワをふっくらとさせる保湿剤です。
  • ビタミンC:コラーゲンの生成を助け、肌を明るくする抗酸化物質です。
  • ビタミンE:ビタミンCとともによく作用し、肌を保護してバリアを養い、炎症をやわらげる抗酸化物質です。

食べ物からシワ対策も


Darcy Jacobs/How to Actually Prevent Wrinkles as You Age, According to Dermatologists/Maya A. Kishida(翻訳)

当記事はマイロハスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ