古都京都の世界遺産が、インタラクティブなアート空間に 『下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab ‐ TOKIO インカラミ』

SPICE

2019/6/14 21:08


世界遺産(ユネスコ世界文化遺産)古都京都の文化財「下鴨神社(賀茂御祖神社)」にて、『下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab ‐ TOKIO インカラミ』が、2019年8月17日(土)~9月2日(月)まで開催される。

今年は、昨年の糺(ただす)の森の参道を光のアート空間にする作品「呼応する森と自立しつつも呼応する生命 - 下鴨神社 糺の森」と、下鴨神社の楼門の中の空間に光の球体が漂う「浮遊する、呼応する球体 下鴨神社」をはじめ、糺の森の中を流れる泉川沿いを、匿名で多様な肖像群が歩き続ける「Walk, Walk, Walk - 下鴨神社 糺の森」などを展示。糺の森と楼門内を、デジタルテクノロジーにより、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変える。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ