フォロワー数16万人超え“インスタをざわつかせる”新星 Kirariの魅力とは

dwango.jp news

2019/6/14 20:03


Instagramアカウントはフォロワー数16万人超え、“インスタをざわつかせる”存在として10代女性を中心に圧倒的な支持を集めるkirari。

ベビーフェイスでキュートなルックスとは裏腹にダンスはキレッキレというギャップも人気の秘訣となっている。

今年4月よりモデル・タレント活動を本格化させると、その注目度はさらなる急上昇。2019年度はネクストブレイクの筆頭と考えられている。

そんなkirari人気の原動力とは一体どのようなものなのか、早速本人を直撃した。



―まずはInstagramフォロワー数16万人超えという偉業おめでとうございます。

Kirari

ありがとうございます。

―弊社サイトで取り上げさせて頂いた際より、わずか1ヶ月でフォロワー数が1万人以上の増加という注目度です。この注目度と反響をご自身でどのように受け止めていらっしゃいますか?

Kirari

始めてニュースに載せて頂いたので、当初はそんなに反応があるのかな?と自分でもよくわかっていなかったんですが、ニュース掲載以降はInstagramを開く度にフォロワー数が何十人も増えているので驚きました。ニュースの力は凄いんだなと。

―これまでSNSなどでカリスマ的な人気を集めてきた方々は、ファンやフォロワーとの距離感を縮めるよう文字数を使っている印象でしたが、kirariさんの投稿は言葉が添えられていなかったり10文字以内のものが多かったりします。SNS投稿で心がけていることや目指しているものがあれば教えてください。

Kirari

写真はなるべく作り笑顔ではなく自然な表情を撮りたいので、友達とかお母さんに撮ってもらうようにしています。Instagramに載せる時間帯にも気を配っていて、今までで一番“いいね”を集めた写真を載せた時間が、20時46分だったので、なるべく20時46分に載せるようにしています。

―写真を撮る際に注意している点や気をつけている点があれば教えてください。

Kirari

事前に写真のコンセプトを決めて、場所を考えて、明るさや背景、構図によってスマホの角度を調整してみたりということは常に意識しています。喋りながら撮影をしてみたりすることもあるので、それが自然な空気感を作ることになっているのかもしれません。

―直近でもディズニーランドでの写真に「photo by 母」とありますが、お母さんも写真がお上手ですよね。

Kirari

お母さんもフォロワーさんたちに「お母さんって写真上手だよね」って言ってもらえるのを喜んでいて(笑)

それでいつも喜んで撮ってくれます。

―また、小学校3年生から今も習っているという書道の腕前に驚かされてしまいますが、もう少しタレント活動に活かして行こうという思いなどはありますでしょうか。

Kirari

はい。書を書いている動画をInstagramに載せたら海外から多くのコメントが集まって。
日本の伝統文化である書道に興味をもっている方は世界中にいるんだなと。

将来的には日本以外にもアジア各国をはじめとした世界の方々とも関われたら嬉しいなと思っているので、そういう時に自分が得意な書道を活かして、アジアのイベントや海外での活動もしたいと思っています。

―ちなみに書道の段位はどのくらいになるのでしょうか?

Kirari

段より上を持っているので、書道の先生をすることが出来ます。

―えっ!?kirari先生!やっぱりこの特技はアピールしていった方がいいですよ。

マネージャー

我々も初耳です。有段者とは聞いていたんですが…

―やっぱりもっとアピールしていきましょう!

Kirari

そうします(笑)

―ちなみに書に挑む時の感覚ってどんな感じなのでしょうか。

Kirari

「無」ですね。周りが全く見えないほどに集中してしまうので。

―流石です!さて、Twitterにはback numberの大ファンであることが記されていましたが、kirariさんにとって音楽はどのような存在ですか?

Kirari

本当に綺麗事なんかではなく、音楽の力は凄いなと思っています。辛い時に聞いたりすると、自然と涙が溢れてきて、それで前向きになれたりします。私の場合、back numberさんの音楽を聞くと、特に「頑張ろう!」と思えるので、無くてはならない存在ですね。

―今お話を伺っていてkirariさんに「辛い時」があるなんて意外に感じてしまいましたが、どのようなケースで辛さを感じることがありますか?

Kirari

人見知りということと、人前が苦手ということがあり、お仕事の後なんかに「今日は全然出来なかったんじゃないかな」「自分を出しきれないまま終わってしまったんじゃないかな」と反省してしまうことが多いです。

―ちなみに今後「出していきたい自分」「表現していきたい自分」とはどのような部分でしょうか。

Kirari

テンションの上がった自分、テンションの上がっている自分を、たま~に出すことが出来ればと思っています(笑)

―今後はモデルとしての活動も増えていくかと思いますがファッションで心がけていることなどありましたら教えてください。

Kirari

身長が156cmしかないんですよ。結構小さい方なので、なるべく足が長くみえるラインパンツ、長身に見えるようなロングスカートを多めに取り入れています。カラーとしてはモノトーンのコーデが好きなのですが、そんなモノトーンの中にも一つ色を入れるようにしています。

―4月にはセレクトアイテムの販売などもありました。「令和」ブレイク必至と言われているkirariさんが、今後の活動で挑戦してみたいことや、進出してみたい分野などあれば教えてください。

Kirari

2019年は目標がたくさんあって。まずは、雑誌の専属モデルになれるよう頑張りますです。そして、テレビやWeb番組でもしっかりとしたトークを展開できるタレントになれればと思っています。また、コスメグッズにも興味があるので、企業さんとのコラボ商品や化粧品のプロデュースにも関わることができたら嬉しいです。あとは得意な書道を活かしてアジアのイベントや海外展開、このような活動が実現できるように頑張りたいです。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ