子どもをお風呂に入れながら本を読んであげると「一石三鳥」|育児ハック


子どもに本を読むのに、時間や場所を選ぶ必要はありません(もっとも、スキューバダイビングや虫歯治療の最中に読む人はいないでしょうが)。

娘が幼かったころ、よく彼女をバスタブに入れ、自分はとなりの便器やスツールに腰掛けて、本を読み聞かせていましたが、このやり方はとてもうまくいきました。

子どもをお風呂に入れつつ本を読む3つの利点


子どもをバスタブに入れながら本を読むのは、
  1. マルチタスキングができる
  2. 子どもがおとなしくしている(子どもにはあなたの朗読を聴くしか選択肢がない)
  3. 子どもが手持ち無沙汰になったら、物語の進行に合わせてオモチャや水で遊ぶことができる。

という利点があります。

お湯を温かいままに保てるなら、このルーチンを1時間以上続けることも可能です。

心からワクワクするような本を読んであげれば、子どもたちはお風呂の時間を待ち焦がれるようにさえなります。また、物語をうまく利用することもできます。「この続きが聴きたいなら、耳の後ろをゴシゴシしようね」

あわせて読みたい

Image: Monkey Business Images / Shutterstock.com

Michelle Woo - Lifehacker US[原文

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ