iPhoneの画面が突然真っ黒になり、ボタンを押しても反応しません!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ


画面が真っ黒になってウンともスンともいわなくなってしまう"フリーズ現象"は、原因の特定が難しい問題です。しかも、iPhoneのモデルごとに対処策が異なることもあるなど一筋縄ではいきません。かつてiPhone 6sの一部製造ロットに対し無償修理プログラムが提供されたように、修理対応が必要になる場合もありますから、ここで紹介する対処策はあくまで一例と認識してください。

画面が真っ黒になってしまった、どのボタンを押しても反応がないという場合には、iPhone 8以降のモデルについては音量アップボタン、音量ダウンボタンを順に押し、画面中央にAppleロゴが現れるまでサイドボタンを押し続けます。これでシステムが再起動され、ソフトウェア/アプリの一時的な動作不良によりフリーズしていた場合はこれで解決します。

iPhone 7/7 Plusの場合は、画面中央にAppleロゴが現れるまでサイド(または上部)ボタンと音量ダウンボタンを同時に10秒押し続けます。iPhone 6s以前のモデルの場合は、サイド(または上部)ボタンとホームボタンを同時に10秒押し続けると、システムが再起動されます。

これらの方法は、「iPhoneの強制再起動」と呼ばれます。通常の再起動は、サイドボタンを長押ししたりすると現れる「スライドで電源オフ」を操作して行いますが、強制再起動ではシステムが破損するなどの危険があるため、フリーズ状態が解けないときやむを得ず行う手段と考えたほうがいいでしょう。

なお、再起動の途中で止まってしまう場合には、システムの損傷が疑われます。パソコンでiTunesを起動しておき、サイドボタン(または上部ボタン/ホームボタン)を押しながらiPhoneをLightningケーブルで接続しましょう。これでリカバリーモードになるため、システムの復元またはiOSの再インストールが行えます。iPhone上のデータが一部(再インストールの場合はすべて)消えてしまいますが、故障としてApple Storeに持ち込む前に試す価値はあります。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ