有吉弘行、ユーチューバーの愚痴に「仕事を楽しむ才能がない」

画像は「マツコ&有吉 かりそめ天国」番組ページより

 

6月12日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)では、マツコ・デラックス有吉弘行が、「好きな事を仕事に選んだはずなのに“仕事”になった瞬間から楽しくなくなる?」という疑問に対し語り合った。

 

マツコ『プロフェッショナル』がヒント!?

 

番組では「就職せず意気揚々とユーチューバーになった友達が登録者数を増やすためにどんな企画がいいか考える毎日で『全然楽しくない』と言っていた」という26歳会社員からのメールを取り上げた。

 

これに有吉は「大変だろうね確かに。客観的に見ててもそう思うけどね」と同情し「まあ、仕事を楽しむ才能がないだけだよ」とコメント。これにマツコも「本当、なんでも大変だよ」と言い「でもその中から喜びを見つけられた人の勝ちよね」と語った。

 

また有吉は「人から見たら『つまんなさそうな仕事してやがるな』と思っても、その人はそれなりに楽しむ方法があって『楽しい』と思ってやってるかもしれないから」と人それぞれの価値観について触れ、その流れからNHK総合のドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』の話題となり「アレはいい番組だ!」と大絶賛。そしてマツコは「私らは恵まれてるよね。楽しい仕事だと思うよ。それがどこまで本当に笑ってんだか自分でもわかんない時あるけど、でも笑えてるんだもん。普通に生きててもさ、こんな私たちみたいにアホみたいに笑う瞬間ってないじゃない」と自分たちの境遇に感謝した。

 

また有吉が、YouTubeの規制が厳しくなったことに同情すると「やっぱ何やってもいいからそこで楽しさを発見しなきゃダメなんだろうね」とマツコ。

 

そして再び『プロフェッショナル』でマツコが1番好きな回という「羽田空港を“世界一清潔な空港”に導いたカリスマ清掃職員の新津春子さん」の話題を持ち出すと「その掃除の人がどんどん凄い人になっていくわけよ、掃除を極めて。その人も自分で見つけてったのよね『喜び』を。仕事の中から。だから絶対あるのよ、どんな事にも絶対あるのよ」と呼びかけていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ