佐藤流司「ロミジュリだけどロミジュリじゃない」 仲万美とのダンスに「次元が違い過ぎる」

テレビファン

2019/6/14 14:30


 Rock Opera「R&J」の初日会見が13日、東京都内で行われ、出演者の佐藤流司、仲万美、陣内孝則ほかが登壇した。

本作は、AIがほとんどの労働を担う時代を舞台に、“グルッパ(不良)”を率いる「ロミオ」と、警察長官の娘「ジュリエット」を主人公にした、これまでにない「ロミオとジュリエット」。

ロミオを演じる佐藤は「通し稽古を15回ぐらいやりました。ですので、準備万全ということで、このまま楽しくやりたいなと思っています」と笑顔を見せた。

そして、本作では「デストロイというか、破壊的」であることを大切にしているといい、「普段、自分自身が舞台ではしないような歌い方をしている。びっくりするような歌もありますし、そういった意味で、ロックオペラというタイトルにふさわしい曲がそろっています。ロミジュリだけどロミジュリじゃない作品」と説明した。

ジュリエット役の仲の魅力を聞かれると、「一緒に踊るシーンを稽古初日にやったら、別次元のダンスだなと感じました。俺も、ダンスは仕事でやらせてもらっているので、踊れると思っていたんですが、次元が違い過ぎて、2人で踊るシーンは本当に嫌」と苦笑い交じりで語った。

仲は、マドンナのバックダンサーを務めるなど、世界的なダンサーとして知られているが、舞台出演は本作が初。初日を迎えた気持ちを「すごい不安になると思ったら興奮してしまった。その興奮を残しつつ、私なりにできたらいいなと思います」と明かした。

また、佐藤の印象を「熱くて、ロミオと似ている部分がある。稽古をしていても、ロミオをやっているのに『流司くん?』って思うときがある。ばかな行動をしてしまう、熱くてすてきな人だなと思います」と絶賛した。

舞台は23日まで都内・日本青年館ホールほかで上演。

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ