森口博子、ガンダム楽曲のカバーアルバム発売を発表!

UtaTen

2019/6/14 12:01



『GUNDAM SONG COVERS』リリース


『機動戦士Ζガンダム』の主題歌『水の星へ愛をこめて』や、『機動戦士ガンダムF91』の主題歌『ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~』をはじめ、ガンダムシリーズのヒットソングを多数歌ってきた森口博子が、「機動戦士ガンダム40周年」にあわせ、豪華ゲストミュージシャンを迎えたガンダムソングのカバーアルバム『GUNDAM SONG COVERS』を8月7日にリリースすることが発表となった。

番組のランキングで選出!


今作は、2018年にNHKで放送された番組「発表!全ガンダム大投票」内の「ガンダムソングス・ランキング」で、ガンダムソング361曲の中から森口博子のデビュー曲『水の星へ愛をこめて』が1位に、『ETERNALWIND ~ほほえみは光る風の中~』が3位に選ばれたことがきっかけとなって企画がスタートしたアルバムで、番組のランキングで選出された、まさに「国民が選んだガンダムソングベスト10」を森口博子が全曲カバー&セルフカバーで収録する。

【MVをみる】森口博子、ガンダム主題歌「水の星へ愛をこめて」

豪華アーティスト多数参加


アルバムには多数の豪華アーティストがアレンジやレコーディングに参加。

『水の星へ愛をこめて』ではジャズ・ヴァイオリニストの寺井尚子、『哀 戦士』ではアコースティックギタリストの押尾コータロー、『嵐の中で輝いて』ではアコーディオニストの田ノ岡三郎、『フリージア』ではピアニストの塩谷哲、『JUST COMMUNICATION』では鍵盤奏者の猪野秀史、『RE:I AM』ではインストゥルメンタル・ユニットのTSUKEMENが名を連ねている。

その他の楽曲でも、森口博子のガンダムへの熱い想いを具現化した新たなアレンジで、カバーやセルフカバーを楽しむことができる。

さらにボーナストラックとして、2016年公開『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 運命の前夜』主題歌で森口博子が歌う『宇宙の彼方へ』がオリジナル音源で収録となる。

ことぶきつかさ描き下ろし


CDジャケットはイラストレーターことぶきつかさの描き下ろしによるもので、宇宙を背景に、Zガンダムとノーマルスーツ(宇宙服)に見を包んだ森口博子が描かれた、本アルバムオリジナルのイラストになっている。



CDは<通常盤>と、豪華LPサイズダブルジャケット仕様<数量限定生産盤>の2形態でリリース。

後者はCDショップで販売は行われず、6月13日(木)22時から6月30日(日)23:59の期間にネットショップ「KING e-SHOP」内の特設ページにて予約販売が行われる。

作品初期の楽曲から近年の作品まで幅広く網羅した「機動戦士ガンダム40周年」のアニバーサリー盤とも言える豪華な1枚をチェックしてみてはいかがだろうか。

「GUNDAM SONG COVERS」<数量限定生産盤>
特設ページ

創通・サンライズ



作曲はニール・セダカ


<UtaTen編集部からのコメント>
『機動戦士ガンダム』は40年前、1979年に放映が始まった日本のロボットアニメ。『宇宙戦艦ヤマト』『新世紀エヴァンゲリオン』と並んで後々のアニメへ影響を与えた作品ですね。

その主題歌の数々を、森口博子がカバー!しかも押尾コウタローや塩屋哲など、豪華アーティストも参加しているそうです。必聴ですね!

日本のアニメなので純日本製と思いきや、森口博子が歌ったデビュー曲『水の星へ愛をこめて』の作曲は何とニール・セダカなんですね!

ニール・セダカといえば、1960年代にアメリカのチャートを沸かせた歌手兼作曲家。「機動戦士Zガンダム」のために書き下ろしされたものだそうです。
歌詞、チェックしてみて下さい。

「水の星へ愛をこめて'85 オリジナルバージョン」の歌詞を見る

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ