「KANA―BOON」飯田音信不通 メンバーは前日も異変感じず「他愛ないくだらない話を」

 ベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(28)が今月5日から音信不通になっていることが明らかになったロックバンド「KANA―BOON」のメンバー3人が14日、バンドの公式サイトにファンに向けたメッセージを寄せた。

 メッセージは谷口鮪(29)、古賀隼斗(28)、小泉貴裕(28)の3人の名義。飯田と連絡が取れなくなってからの混乱ぶりを明かしつつ、「めしだがいない中でのリリースとプロモーションもみなさんを不安にさせてしまったと思いますが、4人で完成させたものを届けるため、精一杯やらせてもらいました。リリースに至るまでの活動の中で、4人で、或いは僕とめしだの2人で行ったものもありますが、バンドの現在や未来を語った言葉達はすべて本物ですし、そこにあるめしだの笑顔は偽りないものだったと思っています」と飯田への信頼を記した。

 そのうえで「僕達の付き合いは10年以上になりますので、仲が良いとわざわざ口にするのも面倒なほどの関係です。連絡がつかなくなる前日も、バンドのこれからについての真面目な話や、他愛ないくだらない話をしていました」と音信不通になる前日もいつもと変わらない様子であったことを明かした。「事故に遭ったのではないか、なにかトラブルに巻き込まれたのではないか、という可能性も頭をよぎってしまいます。メンバーとして、友達として、とても心配です。ただただ無事を祈るばかりです」と悲痛な思いをつづった。

 同バンドは13日に飯田と「連絡が取れておらず、あらゆる手段を講じてコンタクトを取ろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております」と報告。15日のライブ「KANA―BOONのOSHI―MEEN!!」の中止も発表された。家族は警察に捜索願を提出している。

 飯田は2017年、宗教法人「幸福の科学」に出家した法名・千眼美子こと女優の清水富美加(24)の不倫相手だったことが明るみに出て「私の軽率な行動で、清水さん、関係者の皆さまにご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ございません」と謝罪文を出す騒動になっていた。不倫発覚後は真摯(しんし)に反省し、家族の信頼を取り戻すようにしていた。それだけに関係者は「一体何があったのか」と心配している。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ