毛皮のマリーズ、『Gloomy』10周年記念アナログ盤を1000枚限定リリース!

UtaTen

2019/6/14 11:01



『Gloomy』アナログ盤が限定プレス!


毛皮のマリーズの3rd Album『Gloomy』の発売10周年を記念したアナログ盤が、1000枚限定プレスで志磨遼平(現ドレスコーズ)の主宰するイエスレコードから8月14日(水)にリリースされる。

発売10周年記念アナログ盤シリーズの第5弾


今作は、1st Album『戦争をしよう』(2016年)、2nd Album『マイ・ネーム・イズ・ロマンス』(2017年)1st EP『Faust E.P.』(2018年)、昨年12月の1st Single『ビューティフル/愛する or die』に続く《発売10周年記念アナログ盤》シリーズの第5弾で、サイケデリックなマーブル模様のカラー・ヴァイナル仕様。

毛皮のマリーズは志磨遼平(ドレスコーズ)、越川和磨、栗本ヒロコ、富士山富士夫が在籍し、2011年9月の6th Album『THE END』の発表と共に前代未聞の解散劇で伝説と化した不世出のロックンロールバンド。

インディーズ時代最後の作品


 『Gloomy』はインディーズ時代最後の作品として2009年に発表。全13曲、50分を超える大作であり、このアルバムをきっかけに毛皮のマリーズは《ロックンロール・リバイバル》が叫ばれていた当時の日本インディー・シーンの最重要バンドへと変貌を遂げた。

全マリーズメイニア待望の『Gloomy』アナログ盤は1000枚限定プレスで、さらにsputniklab通販サイト初回特典としてリリース当時の貴重なフライヤーが先行予約300枚にのみ封入される。

志磨遼平 コメント


 毛皮のマリーズが生んだアルバムの中で(おそらく)最も複雑に愛された作品『Gloomy』が、いよいよアナログ盤となって復活です。

この作品が生まれた10年前の2009年は、ぼくらにとって激動の1年でした。小さなライブハウスには入りきらなくなったフアンと共に、大きな野外フェスやメディアに取り上げられるようになった一方で、ソングライターであるぼくの鬱病はますますひどくなり、新曲制作はおろかメンバーやスタッフとの交流すらままならないといった状況が一年ほど続いていました。

唯一の「命綱」だった音楽すら信じられなくなり、窮地に追い込まれたぼくが選んだ最後の手段は、音楽なんて大嫌いだ、ロックンロールなんて大嫌いだ、毛皮のマリーズなんて大嫌いだ、という憎しみを、また音楽へと還元することでした。

《Gloomy=暗い、陰鬱な》というタイトルの本作は、同じような気分を抱えた若者にとっての解毒剤のようなものになり得たのかもしれません。

この作品をすべての暗い若者と、かつてのぼくらに捧げます。

毛皮のマリーズ/ドレスコーズ 志磨遼平

sputniklab 通販サイト通販サイト
スプートニクラボ オフィシャルWeb



激動の時代の作品、アナログで復活!


<UtaTen編集部からのコメント>
メジャーデビュー後“日本におけるロックンロール・リバイバルの旗手”として様々なメディアで取り上げられた毛皮のマリーズ。
その後、秘密裏に進められていたアルバムのリリース日に解散宣言という異例の解散劇で、2011年の年末に解散しました。

破壊的なステージングで、初期は機材が壊れるまで演奏を続け、流血や骨折するくらい激しく、ある意味憧れられる、カッコいいバンドだったといいます。
そんな彼らが激動のインディーズ時代に発表した「Gloomy」。
いろんなことが信じられなくなり、辛くなった若者たちの気持ちに寄り添った形で"複雑に愛された"作品となったのでしょうね。

ちょっと、Gloomyな気分のとき、聞いてみてはいかがでしょうか?
アナログ盤は1000枚限定です。当時の貴重なフライヤーも特典でついています。

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ