『ストロベリーナイト・サーガ』二階堂ふみと亀梨和也、切なすぎる“再会”に反響

クランクイン!

2019/6/14 11:12

 二階堂ふみと亀梨和也がダブル主演を務めるドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第10話が13日に放送され、姫川玲子(二階堂)と菊田和男(亀梨)が再会するシーンに、視聴者からは「関係性切ない」「切なすぎた。まだ好きじゃん!」「胸が痛い」などの声がネット上に寄せられた。

【写真】二階堂ふみと亀梨和也の再会が切ない… 『ストロベリーナイト・サーガ』第10話フォトギャラリー

池袋の貸しビル内で暴力団組織、秋庭組組長が遺体となって発見された。遺体には銃創、刺創ともに見当たらず致命傷になる出血もない一方で、内臓破裂、27箇所もの骨折が見つかる。捜査を続ける姫川は、事件の容疑者として“ブルーマーダー”と呼ばれる謎の男の存在を知る。“ブルーマーダー”の名はすでに池袋界隈でとどろいており、行方不明になっている裏社会の人間は何十人にものぼるという…。

前エピソード『インビジブルレイン』で姫川班が解体されたことから、離れ離れになった姫川と菊田。第10話の冒頭「起きて! カズさん起きてよ!」と妻に起こされる菊田の姿が描かれると、ネット上には「結婚してるー!」「菊田…妻帯者なん?」などの驚きの声が上がった。

姫川は聞き込みの最中、かつての部下・大塚真二(重岡大毅)が殉職した現場を訪れて花を手向ける。姫川が手を合わせ現場を離れようとすると、そこに菊田の姿が。2人は一定の距離を取りながらお互いの近況を報告。姫川が「なんで昨日来なかったの?」と元姫川班の飲み会に参加しなかった理由を菊田に尋ねると、彼は「仕事で…」と一言。姫川は、そんな菊田の左手薬指に指輪を見つけてしまう。このシーンにSNS上には「なんか2人に距離感があるなあ」「よそよそしい…」「指輪見てしまった…ショックだよね…」などの書き込みが多数寄せられた。

姫川に思いを寄せていた菊田と彼の結婚を知らされていなかった姫川の再会シーンに、視聴者からは「なんかもう2人の関係性切ない」「切なすぎた。まだ好きじゃん!」「めちゃくちゃリアルな描写で胸が痛い」「胸がギュンッッッ!ってなって、涙出る!」などのツイートが殺到していた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ