まずは感動することから。禅僧に聞いた、簡単な心の筋トレ

マイロハス

2019/6/14 07:20

花

感動することは、自分の感情に気づくことになります。本当に心が傷つき、自己価値が低くなり、生きる希望を失っていたりする人は、心が動かないんですね。

なぜなら、心を止めることでしか自分を守る手段がないからです。心が動き出せば、また嫌なことを思い出してしまいます。だから自分を守るために心を麻痺させるのです。

ではそんな状態からどのように自己肯定感を上げていくかというと、「感動」することです。どんなことでもかまいません。うれしい、楽しいと感じると、徐々に心が動きだします

そうすると、自分と向き合ってみようという気持ちが生まれてきます。再出発のためのひとつの方法になるのです。

30日間の「自己肯定感を上げる方法」をもっと見る

川野泰周先生

川野泰周(かわの たいしゅう)先生
臨済宗建長寺派林香寺住職/RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長。2005年慶応義塾大学医学部医学科卒業。臨床研修修了後、慶應義塾大学病院精神神経科、国立病院機構久里浜医療センターなどで精神科医として診療に従事。2011年より大本山建長寺専門道場にて3年半にわたる禅修行を行った。現在は寺務の傍ら精神科診療にあたり、マインドフルネスや禅の瞑想を積極的に取り入れた治療を行う。著書に『ずぼら瞑想』(幻冬舎)、『会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン』(すばる舎)などがある。精神保健指定医・日本精神神経学会認定専門医・医師会認定産業医。

感動する毎日を送ってみませんか?


人生がうまくいく人の自己肯定感: 努力より、環境より、才能より大事なもの (単行本)

人生がうまくいく人の自己肯定感: 努力より、環境より、才能より大事なもの (単行本)

1,512円

購入する

取材・文/島田ゆかり、image via shutterstock

当記事はマイロハスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ