桜井日奈子、優等生から不良少女に変貌!34年ぶりのドラマ化『ヤヌスの鏡』で主演に決定

テレビドガッチ

2019/6/14 07:00

女優の桜井日奈子が、フジテレビの運営する動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」で8月から配信されるオリジナル連続ドラマ『ヤヌスの鏡』の主演を務めることがわかった。桜井が演じるのは、優等生と不良少女という2つの人格を持つ女子高生で、この度、コメントも到着。役を演じる上でのポイントや本作への思いを語った。

『ヤヌスの鏡』は1981年から1982年にかけて「週刊セブンティーン」にて連載された宮脇明子の人気漫画で、1985年にはフジテレビでドラマ化。「古代ローマの神・ヤヌスは、物事の内と外を同時に見ることができたという。この物語は、ヤヌスにもう1つの心を覗かれてしまった少女の壮大なロマンである。もし、あなたに、もう1つ顔があったら……」というナレーションで始まるストーリーに多くの人が引き込まれ、絶大な人気を博した。

その人気作が34年の時を経て、再びドラマ化。桜井が厳格な家庭に育つ優等生の高校生・小沢裕美(オザワヒロミ)と、夜の繁華街に現れる不良少女・ユミという正反対の人格を演じ分ける。

幼い頃から祖母の貴子に厳しく教育され、特に異性との交際を厳しく制限されていた高校生のヒロミ。ある時、ヒロミは、密かに憧れていた生徒会長・進藤の存在を貴子に知られ、納屋に閉じ込められてしまう。ヒロミは納屋の中で、古い鏡台の引き出しの中に、口紅や香水、さらに母・由起子の破れた写真を発見。動揺して香水を床に落としてしまったヒロミは、幼い自分が鏡台に話しかけている過去の記憶がフラッシュバックし、気を失ってしまう。気がつくと、ヒロミは異なる人格のユミに入れ替わっていた。

これまで桜井が演じてきたのは、優等生のヒロミに近い役柄が多く、ユミのような不良役や劇中のアクションシーンなどはほぼ初めての挑戦となる。それでも桜井は、2つの人格を演じることに対して戸惑いはなかったそうで、「大人しい優等生でいようとするヒロミと対照的なユミの、それぞれの気持ちに寄り添うことは難しくはなかったです」と打ち明けた。

さらに、桜井は「ユミの何にも動じない余裕と強さを表現するにはどうすればいいのか、強がりに見えないように気をつけました。衣装やメイクが特徴的なので、2人のスイッチの切り替えはそういったことで助けていただきました」と演じる上でのポイントを明かし、「誰でも多面をもっていると思います。それは、理性がきちんと働く普通の人でも少なからず心のバランスを保つのに必要だし、多面であって当たり前なのかもしれないな、と改めで思いました」と物語のテーマとなる多面性についても言及。最後は「誰もが抱える心の悩みに寄り添える作品になれると嬉しいです」と締めくくった。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ