実写映画『劇場版パタリロ!』から「生きたパタリロ」加藤諒が歌い、踊り、画面を埋め尽くす映像&劇中カットを解禁

SPICE

2019/6/14 10:00


6月28日(金)に封切られる映画『劇場版パタリロ!』から、【パタリロ殿下って一体、何者?】の映像と劇中カットが公開された。

『パタリロ!』は、1978年から40年以上連載が続く、魔夜峰央原作のコミック。現在発売中の第100巻までのシリーズ累計発行部数が2,500万部を超える作品だ。バミューダ・トライアングルの真ん中に位置する架空の島国・マリネラ王国を舞台に、国王パタリロが側近のタマネギ部隊、英諜報機関MI6少佐バンコランや、その愛人マライヒらを巻きこんで起こす騒動を描く。これまでに二度舞台化されており、2016年12月には舞台『パタリロ!』が、2018年3月には舞台『パタリロ!』☆スターダスト計画☆が上演された。

初の実写映画化となる『劇場版パタリロ!』では、舞台版と同じく加藤諒がパタリロ役で主演。また、バンコラン役の青木玄徳、マライヒ役の佐奈宏紀も舞台版から続投。タマネギ部隊の一員として須賀健太が出演するほか、哀川翔、西岡德馬、鈴木砂羽、松村雄基、近江谷太朗、木下ほうかもキャストに名を連ねている。メガホンをとるのは、舞台『パタリロ!』の演出も手がけた小林顕作氏。脚本を出演者でもある池田テツヒロが担当する。


解禁されたのは、これまでに公開されてきた「タマネギ部隊編」「耽美編」に続き、本作に登場するキャラクターたちの魅力を1分間の映像にまとめた映像。シリーズ第3弾として、舞台版から「生きたパタリロ」と形容される、加藤諒の出演シーンを濃縮編集して構成。「この人、何かヘンなんです!誰だキミは!?」という“世間の声”から始まり、劇中の楽曲「ダンシングナマハゲボーイ」をバックに、様々なキャラクターに姿を変える七変化や、セクシーカット、歌い踊るミュージカルシーンなど、白組によるCGを多用した場面などが収められ、加藤=パタリロが画面を埋め尽くす強烈な映像に仕上がっている。
(C)魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会 2019
(C)魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会 2019
(C)魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会 2019
(C)魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会 2019
(C)魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会 2019
(C)魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会 2019
(C)魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会 2019
(C)魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会 2019

『劇場版パタリロ!』は6月28日(金)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国順次ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ