中村倫也、『凪のお暇』で黒木華の隣人役! 全ての女子を虜にする男に


俳優の中村倫也が、7月スタートのTBS系連続ドラマ『凪のお暇』(毎週金曜22:00~)で、黒木華演じる主人公・凪が人生をリセットして住むアパートの隣人役を演じることが13日、わかった。

原作は、月刊誌『Eleganceイブ』(秋田書店)で連載中のコナリミサトによる同名漫画。場の空気を読みすぎて他人に合わせて無理をした結果、過呼吸で倒れてしまう主人公の大島凪(おおしま・なぎ)を黒木華、凪の元カレ・我聞慎二(がもん・しんじ)を高橋一生が演じる。

そしてこのたび、凪が新たな生活先に選んだアパートの隣の部屋に住む男・安良城ゴン(あらしろ・ごん)役に中村倫也が決定した。中村が演じるゴンは、出会う全ての女子が彼を好きになってしまう、人たらしのイベントオーガナイザー。腕には入れ墨があり、毎晩クラブ仲間と部屋で飲み騒いでいて、どこか危険な匂いのする男。その風貌に最初は警戒する凪だが、ゴンが持つ優しく温かい空気に次第に心を許していく。

中村は「原作・台本を読ませていただき、登場人物たちがとても個性的でそれぞれ葛藤や悩みを抱え、自問自答しながら必死に生きていく姿に不思議とほっこりしました。僕が演じるゴンという役は、凪が住んでいるアパートのお隣さんで、一見やばそうな雰囲気を醸し出しているのですが、実はとても優しく穏やかな性格。悩みなんてないように見えますけど、実は周りから自分を理解してもらえないという悩みがあって。表面だけではわからないゴンが抱えている孤独感をしっかり背負いながら演じていけたらいいなと思っています」と意気込み、「人間が言葉で言い表せないような面白い部分の人間模様が存分に描かれているドラマになっています。ぜひ、ご期待ください」とメッセージ。

プロデューサーの中井芳彦コメント氏は「誰からも愛される男、だけど自身は孤独を抱えて生きているゴンという役を、中村倫也さんに是非とも演じていただきたく、今回思い切ってオファーさせていただきました。主人公との恋愛とともに、彼自身の内側からの成長も描こうと思っています。彼がどんな未来を選び、どんな結末を迎えるか、最終回まで楽しんでいただけたらと思います」とコメントしている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ