猪狩ともか、車椅子生活のトイレ事情訴え 「ちょっとした工夫で助かる」

しらべぇ

2019/6/14 06:15




アイドルグループ・仮面女子のメンバー猪狩ともかが、12日自身のブログを更新。背骨を固定しているボルトを抜く手術を行うため、「本日入院致しました」とブログで報告するとともに、車椅子生活を送るようになってから感じた、慣れない環境で生活をすることの大変さを綴った。

■「背もたれ」の重要性を訴える


猪狩はこの日、「多目的トイレ」の背もたれの重要性についてブログで訴えた。「わたしは体幹にも障害がある為、背もたれがないと座位バランスを保つことが難しいです」「だから背もたれめっっっちゃ重要!」と自身の経験をもとに、なぜ背もたれが必要なのかを説明。

背もたれがないトイレを利用する際は、必死にずり落ちないように手すりにつかまる必要があるのだと語った。

現在入院している病院に設置されている多目的トイレにも背もたれがないため、利用する際にはクッションを挟んでもらい、なんとか利用できている様子。

ブログの最後には、「トイレ会社の方や管理者の方や病院関係者の方、トイレ関係者の皆様、こうしてちょっとした工夫で助かる人もいることを知ってくれたら嬉しいです」と切実な思いを綴った。

■「発信してくれてありがとう」


猪狩が発信したブログには、多くの共感や応援メッセージが寄せられた。

「全部が一度に改善は無理でも少しずつでも何かいい方向に向かうといいですね。そのためには使っている人が声を出すことが必要だと思いました」

「ともかちゃん、発信してくれてありがとう。私は、今までトイレの背もたれについて考えたことはありませんでした。これは具体的なことなので、いま建設中のオリンピック・パラリンピックの建物などに、取り入れられることを望みます」

他にも、猪狩がブログの文末に綴った言葉、「まあ…アイドルはトイレ行かないんですけどね」というお茶目な一文に元気をもらったという人も。

■多目的トイレ利用する?


しらべぇ編集部が、全国20代~60代の男女1,500名を対象に調査を実施したところ、全体の48.5%が、「多目的トイレを空いていれば使う」と回答した。

どういった目的で利用しているかは定かでないが、およそ2人に1人が多目的トイレを利用していることがわかる。


車椅子を利用している人以外にも、高齢者や子供連れなど、多くの人が必要としている多目的トイレ。しかし、猪狩がブログで発信したように、まだまだ不便な部分があることも事実。利用者が快適に使えるよう、多くの人にこの思いが広まることを願いたい。

・合わせて読みたい→誰でも使える多目的トイレが空いていれば使う人は48.5%と判明!有効な使い方を考える

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年1月16日(金)~2014年1月18日(日)
対象:全国20代~60代 男女計1500名

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ