『ルパンの娘』に藤岡弘、・信太昌之・マルシア・さとうほなみら出演


女優の深田恭子が主演するフジテレビ系ドラマ『ルパンの娘』(7月11日スタート、毎週木曜22:00~)の新たな共演者が14日、発表された。

深田演じる泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華が、警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)と真剣交際しながら、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまう同作。新たに、藤岡弘、、信太昌之、マルシア、さとうほなみ、加藤諒、大貫勇輔の出演が決定した。

藤岡は和馬の祖父・桜庭和一、信太は和馬の父・典和、マルシアは和馬の母・美佐子、さとうは和馬の妹・新谷香、加藤は和馬の先輩刑事・巻栄一、大貫は世界を股に掛ける泥棒・円城寺輝を演じる。

藤岡は「自分自身の生き様と自分自身の素材を大事にしているのですが、今回の作品には何か感じるものがあったので出演させていただくことにしました」、信太は「あまり大きな役は今までやってきていないので、非常にプレッシャーですね(笑)」、マルシアは「全身全霊で尽くしたいと思っております」、さとうは「“絶対見よう”と思っていたので、まさか出演させてもらうことになるとは…」、加藤は「事件ものとコメディー要素がどうなっていくのかがすごく楽しみです!」、大貫は「急に歌って踊る役なので…正直ドラマの中でどのように存在するのか想像がつかなくて不安がとても大きかったです」と、それぞれ語っている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ