白鸚では初「奇跡 胸がいっぱい」

 歌舞伎俳優の松本白鸚(76)が13日、都内で主演ミュージカル「ラ・マンチャの男」(東京・帝国劇場、10月4~27日)の製作発表に出席した。1969年の日本初演から50年。上演回数は1265回を数える。

 主人公のセルバンテスとドン・キホーテを演じ続けてきた白鸚は「今日を迎えられるのは奇跡。胸がいっぱい」と感慨深げ。「真新しい『ラ・マンチャ』です。主演俳優の名前が変わりましたから」と昨年襲名した「白鸚」での初上演に意欲をみせた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ