【12星座ランキング】繊細に見えて実は……誰より逆境に弱い星座は?

OTONA SALONE

2019/6/13 21:00



繊細でとてもか弱く見えるのに、実はしたたかで、逆境にも強いタイプの人っていますよね。弱く見える分、周囲のサポートも入ったりしてはたから見ているととても恵まれているように感じたりして。今回はそんな、繊細に見えて実は誰より逆境に強いタイプを12星座でランキングしたみたいと思います。

12星座中、もっとも見た目に反して逆境に強い星座は……?



1位・か弱く見えて実はしたたかで冷静なうお座


うお座は逆境に陥ると、一瞬パニックになってしまうのですが、立ち直るのも早いでしょう。失敗をそれほど重く受け止めない部分もあるので、冷静に状況を好転する方法を考えることができるはずです。周囲が心配して手を差し伸べる頃には心身を立て直し、逆境に立ち向かう覚悟ができているでしょう。

2位・抜群の行動力が冴えるみずがめ座


一見おとなしそうに見えるみずがめ座ですが、行動力があり、逆境をものともしません。ピンチに陥っても慌てたり落ち込んだりすることなく、状況を冷静に客観的に受け止め、どうすればピンチを切り抜けられるか考えるでしょう。危機的状況に陥ったとしても、あっというまに状況を好転させることができるのです。

3位・じっくりとチャンスに変えるおうし座


おっとりしていて、一見か弱そうに見えるおうし座ですが、ピンチに遭遇しても、慌てることなくその場の雰囲気をしっかりと把握して切り抜けることができます。すぐに、というよりは時間をかけて冷静に逆境を乗り越えていくいくタイプでしょう。

4位・必死に立て直すしし座


知的でプライドの高いしし座は、逆境に陥った自分をなるべく人に見せたくないと思ってしまいます。そのため、その状況を長引かせないためにあらゆる努力をするでしょう。死に物狂いで逆境を乗り越え、あっという間に形勢を逆転できるのです。

4位・判断力のあるふたご座


臨機応変な対応に優れているふたご座は、苦労しらずな印象に反して、逆境に陥った時もとっさの判断力で乗り切れることが多いでしょう。普段から色々なことを考え、想定しているふたご座なので、窮地に陥ってしまったときにも慌てず、冷静な対応ができるのです。

6位・努力で切り抜けるやぎ座


努力の人であるやぎ座は、したたかな印象はありませんが、逆境が訪れても今まで培ってきた経験で切り抜けることができるでしょう。決してくじけない強い心を持っています。

7位・傷つきやすいおとめ座


真面目で頑張り屋ゆえに、逆境に陥ることを人一倍恐れているおとめ座は、実際にピンチがやってくるとパニック状態になってしまうことも。なかなか状況を受け入れられず、いつまでも引きずってしまう傾向があります。

8位・楽観主義のいて座


いて座はあまり逆境を重くとらえることがありません。その姿勢でうまく切り抜けられればいいのですが、そうでない場合はいつまでも苦境から抜け出せなくなってしまうこともありそうです。

9位・見た目通り強いさそり座


さそり座は逆境にあっても、立ち向かおうとはしません。その状況を静かに受け入れるでしょう。見た目からして冷静沈着なさそり座は、逆境にも強いのです。

10位・そもそも逆境にハマりにくいてんびん座


てんびん座は、そもそも逆境に陥る前にそれを防ぐ手立てを持っています。苦しい状況になること自体が少ないでしょう。

11位・足を引っ張られてしまうかに座


かに座は真面目で、逆境に陥ると必要以上に自分を責め、後悔してしまいます。そのため、なかなか逆境を跳ね返す力がわいてこないのです。

12位・マイペースを貫くおひつじ座


マイペースなおひつじ座は、逆境を逆境と思うことなく生きています。したたかというよりは、飄々とした見た目通り、とことん浮世離れしています。

まとめ




いかがでしたか? 人はピンチの時こそ自分の真価を問われるのかもしれませんね。逆境を乗り越え、ピンチは上手にチャンスに変えたいところです。

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ