山本舞香、攻めまくったミニスカドレスで登場 「絶対強い」とファンがザワつく

しらべぇ

2019/6/13 20:00


女優の山本舞香(21)が自身の公式インスタグラムでドレス姿を披露。モード系の「攻めた」着こなしが反響を呼んでいる。

■攻めまくったドレスを着用


山本が話題の投稿をしたのは、13日。体の真ん中でまったく違うデザインに切り替わっているドレスは、右半身が黒で左半身が赤。かなり前衛的なデザインで、ヘアメイクもモード系ということもありかなり攻めたスタイリングに仕上がっている。写真には、

「攻めまくったドレス」

というコメントが添えられており、山本本人も驚いている様子。インパクトが大きいドレスだがよく似合っており、クールな魅力で数多くの「いいね」を集めている。

View this post on
Instagram


攻めまくったドレス

A post shared by 山本舞香 (@yamamotomaika_official) on Jun 12, 2019 at 9:16am PDT



■山本舞香は「絶対強い」


黒いドレスのスカートはかなりのミニ丈で美しい脚が丸見え。胸元も開いておりボディラインに沿ったセクシーなデザインでもある。山本の麗しい姿にファンからは喜びの声が殺到。「強そう」といった方向性のコメントも複数見られた。

「攻めまくりよ かっこよすぎて惚れたもん」

「舞香ちゃん めっちゃ綺麗 足が細くて羨ましいです」

「絶対強い」

「攻めてても、似合ってる舞香ちゃんさすがです」

「足細いし、スタイルいいし、ドレス1番にあってるし、まじで憧れです。ほんまに言葉にできないぐらい大好き」

上記の衣装は山本が出演している映画『東京喰種 トーキョーグールS』(松竹)のTOKYOプレミアで着用したものとのこと。ファンからは同作で山本が演じる霧島董香(トーカ)のイメージにあっているという声も書き込まれていた。

View this post on Instagram


東京喰種S TOKYOプレミア ありがとうございました @tkg_movie

A post shared by 山本舞香 (@yamamotomaika_official) on Jun 11, 2019 at 3:06pm PDT



■ミニスカートから伸びる美脚


ミニスカートからスラリと伸びた長い美脚が色っぽい山本。右半身は赤のロングドレスで、左半身は黒のミニドレスというデザインに、コメント欄には、

「黒のミニスカートのほうが似合ってる 自身はどっちがいい?」

という書き込みも。

しらべぇ編集部では過去に、全国10~60代の男女1732名を対象にミニスカートに関する調査を実施ている。その結果「ミニスカートが似合う女性が好きだ」と答えた人は、全体の46.4%。男女別では、男性は58.0%、女性は36.0%と、圧倒的に男性が高めだった。



■「かっこいい」と同性にも人気


若手の正統派美人女優として売れっ子で、ドラマに映画に引っ張りだこの山本舞香。モデル出身ということもありモード系の衣装の着こなしも秀逸で、同性からの「かっこいい」という言葉も多数寄せられていた。

・合わせて読みたい→青柳翔との「13歳差愛」が報じられた山本舞香 セクシーな美脚をチラ見せ

(文/しらべぇ編集部・星子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ