世界一おいしい日本酒が今年も決定!「SAKE COMPETITION 2019」開催


今、世間は空前の日本酒ブーム。「美味な日本酒を飲みたい」という酒好きのビジネスマンも多いだろう。そんな中、全国の酒蔵がつくった市販日本酒の中から頂点を選ぶ品評会「SAKE COMPETITION 2019」の表彰式が、2019年6月10日に都内ホテルにて行われた。表彰された日本酒の中から、ぜひ好みの一本を見つけてほしい。

○「SAKE COMPETITION」とは?

世界最多出品酒数を誇る、世界一おいしい市販日本酒を決める品評会。「ブランドによらず消費者が本当に美味しい日本酒にもっと巡り会えるよう、新しい基準を示したい」という理念のもとに、2012年から行われている。審査方法は、完全に銘柄を隠し、日本酒の酒質のみで競うことに徹底。つまり、勝敗を決するのは"味のみ"。正真正銘の美味な日本酒のみが表彰を受けることができるのだ。

2019年は、「純米酒部門」、「純米吟醸部門」、「純米大吟醸部門」、「吟醸部門」、「Super Premium部門」、「スパークリング部門」、「海外出品酒部門」の計7部門に、昨年を大幅に上回る1919点が出品された。

○今年、栄えある賞を勝ち取った日本酒がこちら

【純米酒部門】
※GOLD 10点/SILVER 43点/予審通過 170点/部門出品数 495点
第1位 宝剣酒造「宝剣 純米酒 レトロラベル」
第2位 濵川商店「美丈夫 特別純米酒」
第3位 宝剣酒造「宝剣 純米酒 広島夢酵母」
第4位 濵川商店「美丈夫 純米 慎太郎」
第5位 大木代吉本店「自然郷 芳醇純米」
第6位 峰乃白梅酒造「峰乃白梅 純米」
第7位 松崎酒造「廣戸川 特別純米」
第8位 今西酒造「みむろ杉 ろまんシリーズ 特別純米 辛口 露葉風」
第9位 廣木酒造本店「飛露喜 特別純米」
第10位 今西酒造「みむろ杉 Dio Abita」

【純米吟醸部門】
※GOLD 10点/SILVER 52点/予審通過 201点/部門出品数 578点
第1位 廣木酒造本店「飛露喜 純米吟醸」
第2位 磯自慢酒造「磯自慢 純米吟醸」
第3位 清水清三郎商店「鈴鹿川 純米吟醸」
第4位 虎屋本店「七水 純米吟醸55 雄町」
第5位 清水清三郎商店「作 雅乃智」
第6位 仙台伊澤家勝山酒造「勝山 純米吟醸 献」
第7位 青木酒造「御慶事 純米吟醸 雄町」
第8位 高橋庄作酒造店「会津娘 純米吟醸酒 羽黒西64」
第9位 高木酒造「十四代 中取り純米吟醸 愛山」
第10位 今西酒造「今西 純米吟醸 朝日」

【純米大吟醸部門】
※GOLD 10点/SILVER 40点/予審通過 148点/部門出品数 480点
第1位 清水清三郎商店「作 朝日米」
第2位 小玉醸造「太平山 純米大吟醸 天巧35」
第3位 萩野酒造「萩の鶴 純米大吟醸」
第4位 土井酒造場「開運 純米大吟醸 波瀬正吉」
第5位 木村酒造「福小町 純米大吟醸」
第6位 外池酒造店「燦爛 純米大吟醸 山田錦」
第7位 酒井酒造「純米大吟醸 五橋 錦帯」
第8位 湯川酒造店「木曽路 純米大吟醸 山田錦 磨き35」
第9位 磯自慢酒造「磯自慢 純米大吟醸40 西戸」
第10位 亀泉酒造「亀泉 貴賓」

【吟醸部門】
※GOLD 10点/SILVER 11点/予審通過 69点/部門出品数 206点
第1位 中勇酒造店「天上夢幻 大吟醸 山田錦」
第2位 宮下酒造「極聖 大吟醸」
第3位 廣瀬商店「白菊 特別限定 大吟醸」
第4位 金光酒造「桜吹雪 大吟醸」
第5位 豊國酒造「學十郎 大吟醸」
第6位 桃川「桃川 大吟醸 山田錦」
第7位 小玉醸造「太平山 大吟醸 壽保年」
第8位 木村酒造「福小町 大吟醸」
第9位 北西酒造「文楽 大吟醸 袋吊無濾過原酒中汲み」
第10位 若戎酒造「若戎 大吟醸」

【SUPER PREMIUM部門】
※GOLD 3点/SILVER 3点/部門出品数 64点
第1位 高木酒造「十四代 龍泉」
第2位 秋田清酒「刈穂 滄溟海 純米大吟醸」
第3位 清水清三郎商店「作 智」

【スパークリング部門】
※GOLD 3点/SILVER 4点/部門出品数 68点
第1位 秋田清酒「出羽鶴 awa酒 明日へ」
第2位 来福酒造「SPARKLING RAIFUKU」
第3位 八鹿酒造「八鹿 スパークリング Niji」

【海外出品酒部門】
※GOLD 1点/SILVER 2点/部門出品数 28点
第1位 Sequoia Sake Company「Coastal Ginjo」

○酒造りにとって厳しい一年だった

品評会に携わる中田英寿氏が「今年はお米が難しかったのか、いい日本酒を作るのがなかなか難しい年だったんだろうなというのは審査を見ていて感じる面がありました」と話していたように、賞を獲得して登壇した蔵元の方々も「苦しかった」「厳しい一年だった」と口々に語っており、今年は職人の腕がより一層に問われる一年となった。

そんな背景の中、各部門にて賞を獲得した日本酒の数々は、どれも逆境をも乗り越えたクオリティの高い1本ばかり。現在、ほとんどの日本酒は酒店などで手に入るものばかりなので、日本酒好きのビジネスマンの皆さんはぜひ賞味してみてほしい。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ