「父親が、仲良し家族のお母さんと…」鈴木おさむが、悩める娘に勧めたこととは?

TOKYO FM+

2019/6/13 17:50

TOKYO FMの生放送番組「鈴木おさむと小森隼の相談フライデー」。放送作家の鈴木おさむと小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が“相談員”となり、リスナーの人生相談にコンサルしていきます。6月7日(金)の放送は、相談員の2人がリスナーの悩みに応えました。

鈴木おさむ

<リスナーからの相談>
私の家族には、家族ぐるみで仲良しの家族がいます。それが最近、私の父が、母にも送らないような「ハート」の絵文字のメールを、相手家族のお母さんに送っているのを見てしまったのです。文章の内容までは見えませんでしたが、「ハート」はハッキリと見えました。このことを母に伝えたら大変なことになると思うので、まだ何も言っていません。父に直接言ったほうがいいですか? 母が傷つかない解決策があったら教えてください(ラジオネーム:りなさん 19歳 女性)。

おさむ:りなさんのお父さんがどうかはわからないのですが、あまり深く考えず「ハート」の絵文字を送る女性はいますよね。

小森:“ウキウキ系”の意味で使う方は多いですよね。

おさむ:この件については、僕も議論したことがあります。昭和生まれの人に「ハートの絵文字は禁止!」と。昭和生まれと平成生まれとでは、「ハート」の受け取り方が違うと思います。

小森:僕の先輩や年上の知人などは、「ハート」を気軽に使っています。絵文字を多彩に使われる世代だと思うので。そう考えると、どっちなんでしょうね。

おさむ:りなさんのお父さんと相手のお母さんの関係はわかりませんが、例えば、まだ仲良くなったばかりで、気軽に「ハート」を送ってしまったのかもしれませんね。

ただ、この件は、りなさんが直接お父さんに言ったほうがいいと思います。お父さんは最初、ごまかしたうえで「お母さんには言うな」って言ってくるはずです。ここで大事なのは、お母さんには絶対に言わないこと。りなさんがお母さんを傷つけたくないのであれば、言わないでください。

その代わり、お父さんに直接言いましょう。「私、見てしまったの。気になってる……浮気してるの?」と。お父さんは全力でごまかすと思いますが、間違いなく、結界を張ることができます。

ここからがポイントです。「じゃあ、そのメール見せて」など、お父さんの逃げ場がなくなるようなことは、絶対にしないでください。大事なのは、りなさんがお父さんに釘を刺すことです。娘にバレてしまったということで、引き下がったり、関係をやめるかもしれません。ある程度の関係だったとしても、相手にも家族がいますので。

家族の関係が変に捻じ曲がってしまったとしても、またそれが戻ってきたり、変化するものです。僕の経験からも、そう思います。りなさんは“刑事”ではなく“家族”ですから、まずお父さんに「私、見ているからね」と知ってもらうことです。それはお母さんを守るためですからね。

小森:お母さんには話さずに、まずは、お父さんと直接話してみましょう。りなさんの一言が、お父さんの抑止力になると思います。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年6月15日(土)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:鈴木おさむと小森隼の相談フライデー
放送日時:毎週金曜12:00~13:00
パーソナリティ:鈴木おさむ、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/soudan/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ