素直すぎる息子の一言に苦笑い…! 子どもに言われてショックだったこと【産後太りこじらせ母日記 第40話】

ウーマンエキサイトの読者のみなさんこんにちは! 7歳と4歳のやんちゃ兄弟を育児中のなーみんです。

前回は息子に言われてうれしかった言葉を紹介しましたが、今回は子どもに言われてショックだったエピソードです。

子どもってとにかく正直で素直ですよね~! 思ったことは何でも口にしてしまって、思わず焦ってしまうこともあったり…(笑)

これは長男なーが5歳のときの話です。

■母のアルバムにまさかの一言…!

私の実家に帰ったとき、私の子ども時代のアルバムが出てきたので「懐かしいな~」なんて見ていたんです。

そしてなーにも見せてあげたんですが…



写真を見てなーがぼそっと一言



思わず苦笑い(笑)



たしかに子どものときの私って、ショートカットだったし1日中外で遊んでいたから肌も真っ黒! おまけに眉毛も極太!(笑)

服装もパンツが好きだったので、男の子っぽいといえば男の子っぽいかな?(笑)

でもトップスは女子! って感じだったけど、まだ5歳のなーにはそこまで見分けつかなかったんだろうなぁ…

すると、その後さらに衝撃発言が!!



な…なんて発想…!!!(笑)

男の子と言われてちょっぴりショックだったけれど、だんだん面白くなってきたので

「そうだよ~! ママは男の子だったの!!」

とノッておきました(笑)

しかしその数ヶ月後こんな出来事が!!!



保育園の先生に

「ママは子どものころ男の子で、おちんちん切って女の子になったんだよ!」

と説明しだして恥ずかしかったです(笑)

ふざけてそんな話をしたことを私はすっかり忘れていたんですが、ママは男の子だった説をすっかり信じていたようです…!!

きちんと説明しなかったツケの代償をこんなところで払うことになるとは(笑)

その後ちゃんと説明して、理解してもらいました!

(なーみん)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ