さまぁ~ず三村「水ダウ」ほぼ全カットの板東英二を擁護理由は“あの騒動”?

アサジョ

2019/6/13 15:30


 お笑いコンビ・さまぁ~ずの三村マサカズが6月12日に自身のツイッターアカウントを更新。同日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)ドッキリ企画で中継を邪魔する仕掛け人に怒りを露わにしたタレントの板東英二へ理解を示している。

板東は同番組内の「中継先にヤバめ素人が現れてもベテランリポーターなら華麗にさばける説」とのドッキリ検証企画にターゲットのリポーターとして登場。架空の偽番組収録中、執拗にリポーターへ絡む素人役の仕掛け人に対し、プロがどのような“大人な応対”を見せるかが同企画の見せ場だったが、板東はすぐに不愉快全開の表情となり、次第に怒りを蓄積させていく様子が見てとれた。最終的に「また後ほど」と締め、中継を終えると、板東は再びカメラの前へやってきた“ヤバめ素人”の方へ向かっていくような様子を見せ、そのタイミングで突如VTRが途切れたのだ。

スタジオでこの映像の“続き”を見たおぎやはぎの小木博明は「これ、流しちゃいけないやつですよね」と苦笑しており、板東が中継を妨害した仕掛け人に対して“何らかの行為”をしたと推測できる。

「番組を見た視聴者の間では、板東が素人役の男性を殴ったり、掴みかかったのではないか、との見方が多くを占めており、小木が“放送禁止”と引くようなレベルのことをしたのかもしれません。そんな板東について、番組を観ていたと思われる三村はツイッターで『水曜日のダウンタウンの板東英二さんはなにをしたのかわかりませんが、同じロケをするものとしては、ある意味しようがないかも。。。厳しさもみせないと。。。』と擁護しました。というのも、三村はかつて名古屋の通りで生放送のロケを行っていた際、突然乱入して飛びかかってきた若者に揉みくちゃにされ、怒りのあまり飛び蹴りを見舞う様子が放送されてしまった“前科”があります。今回の板東が“飛び蹴り”をしたかは分かりませんが、ロケを邪魔される怒りは三村にも痛いほど理解できるということでしょう」(テレビ誌ライター)

それにしても、歯切れの悪いタイミングで映像を切り、“その後”に何があったかを想像させることで放送後に二次的な話題を振りまく「水ダウ」おなじみの手法は見事としか言いようがない…。

(木村慎吾)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ