【対決】迷惑LINEが送ってきたURLにアクセスしてみた!(対 写真送るの下手なランちゃん編)



相変わらず、迷惑LINEアカウントとの戦いは続いている。今回で対決についてお伝えするのは5回目だが、実際は10戦を軽く超えており、そのなかには、うまく組み合うことのできなかった対戦相手も少なくない。ボツになった戦いについてはまたあらためて、まとめてお伝えしよう。

さて今回の相手、「ランちゃん」と戦うにあたって、ある疑問が浮かんだ。相手が送りつけてくる誘導URLにアクセスするとどうなるのか? 気になったので、思い切ってURLにぶっこんでみたッ!!

・アカウントが届く2つのパターン
戦いを重ねるなかで、どうやら相手には2種類の属性があることを発見した。これはあくまでも私に届く迷惑メールに限ったことだが、1つはヤフーのフリーメールアドレスを使用して個人名で届くパターンだ。先の戦いの麻衣ちゃん真帆ちゃんはこれに該当する。

これに対して、もう1つの属性は、LINE掲示板」「IDマッチング」と称して、ナゾの送信先から送られてくるパターンだ。

この2つの大きな違いは、LINEの返信相手だ。フリーメールから来る方はbot(ボット)が自動返信してくる。ほぼ間違いなく機械的な返信しか返ってこない。その一方で、マッチングと称する方は、どうやら人間が返信しているように思う

絶対的な確信はもてないのだが、少なくとも友達追加と同時に返信が来る方は、botと見ていいだろう。今回の相手のランちゃんは、友達登録をしてもしばしノーリアクションだった。

・最初はノーリアクション
アクションがないことも珍しくない。2枚貝をあけたら中身が空っぽだったみたいな感じで、ずっとノーリアクションのアカウントにも時々出くわす。今回もそうだと思ったら、少し経って通知が来た!

そして開口一番、「どこ住み」攻撃から「一方的自己紹介」へと畳みかけてきたのである。

ラン「私は年上でも年下でもぜんぜん気にしないのでちなみに…どの辺にお住まいなんですか? 蘭(らん)です、26歳でOLやってます 仲良くなったらお食事とか行ければと思ってます 年齢は気にしますか??」

最初のアクションこそ自動返信ではなかったものの、この後の流れは非常に機械的だった。とはいえ、人間の顔を覗かせる場面があるので、その点については後述しよう。

このあとの流れは、他の迷惑アカウントと同じ。勝手に会話が盛り上がっているように演出して、勝手に「会いたいですね♡」とか言い出して、勝手にLINEでのやり取りを終わりに導こうとする。唯一、このランちゃんが他のアカウントと違うところ。

それは……写真の送信がヘタであることだ

・写真送信下手
自撮り写真を送らなければいけない流れで、ファイルがぶっ壊れていたり。

手料理の写真を送らないといけない場面で、ファイルがぶっ壊れていたり。

ランちゃん、なんてドジッ子なんだ! 写真の送信に失敗しちゃイカン!! 写真見て少なからず、ウヒョーッ!! って思う人がいるだろうに。写真はおまえたち迷惑LINEアカウントの飛び道具だぞ。ったく……。

・来たぞ、誘導URL
その後、やはり流れにのっとってランちゃんは外部サイトへのURLを送ってきた。

ラン「やっと送れた! 5sのiphoneなんだけど、限界かな タッチが微妙になると重くなって思うように動かせない いっかいバグるともう最低

■■■■■■■■■■(URL)

ここって見れる? 私から招待するから登録してみて ここなら会社の端末からも連絡できて いつでも返信できるからね 仕事してる風で(笑)」

経験上、ここでトークは終わるはずなのだが、ランちゃんは意外にもダメ押しをしてきた。

ラン「招待リクエストしたよ♪ iphone変えたいんだけど、5sのサイズが一番好きだしSE2出るって噂だからそれまでがんばる 繋がったら連絡してみてね」

私はこの内容に驚嘆したiPhone5sのサイズはこれまでのモデルのなかで至高だ。私も同じ理由でiPhoneSEを使っている。しかもSE2の噂まで知っているとは。これはbotではないと見ていいだろう。さらにコレでは終わらず、もう1度念押ししてきた。

ラン「連絡待ってるよ~」

・押したらどうなる?
反射的に「連絡しねー! なんちゃって!」と送ってしまったが、ちょっと興味が湧いてきた。ランちゃんに。これまでの誘導URLとは違う場所にたどり着くのではないか? 興味をそそられてしまう、URLにアクセスしたい気持ちになる。

この手のひっかっけのよくあるパターンは安っぽいつくりのコミュニティサイトへの誘導だ。今回の場合なら、ランちゃんとおぼしき人物のアカウントがそのサイトで待ち構えており、私がコミュニティに参加するとメッセージを送ってくる。LINE上ではただでやり取り出来ていたメッセージが課金の対象になり、言葉を交わすにも金がかかるようになるパターン。

そこに引きずり込むために、LINEアカウントをアチコチにばら撒いている訳だ。今回もそうだと思ったが、何か違う気がする。これはナニカアル……

鬼が出るか蛇が出るか、とにかく先の世界を知るには、前に進むしかない!

スマホが壊れる可能性もゼロではない。ええ~い! どうにでもなれッ!! 気合いもろともURLをタップ!

















そこにはランちゃんが待っていた。

なぞのプロフィールページに着地したらしい。「ラ、ランちゃん……。ここは?」、そう心のなかで尋ねると、ランちゃんは「まだよ」と答えた気がする。画面下の「受け取りはこちら」をタップしたところ、さらに先へと進むことになった。

面倒くさいことにメールアプリが起動したじゃないか! どうやら空メールを送れということらしい。

ぐうう~……、さすがにコレは躊躇(ちゅうちょ)する。サイトを閲覧するくらいならまだしも、メールを送信するには抵抗がある。だが、やはりナニカアル……。そんな気がしてならない。

こうなったら、行くところまで行くか? ええ~い、ままよッ! 押忍!!











するとすぐにメールが返ってきた

そこにはまた別のURLが!!

……またURL……。申し訳ないが最初の緊張感はもうない。

怪しいところに連れて行くなら、寄り道しねえでとっとと連れて行けよッ! 怖い半分、見たい半分でドキドキしているのに、チンタラやってるとしらけるじゃねえかコノヤロー! 頭に来たので、先ほどのような迷いなく、URLをタップしてやった。

するとそこは!

!!!! 超絶やすっちいコミュニティサイトだった !!!!

ぐえーーーッ! すげえ昔に見たことがあるわ、こういうサイト。こんなところに誘導するために、半自動とはいえ、迷惑LINEアカウントを運用しているとは。めちゃくちゃ非効率やんけーーー!

さかのぼれば、こんなしょぼいサイトにたどり着かせるために、迷惑メールを送信するところから始めるとは、なんて手間のかかることをしているんだろう。それにホイホイついて行くヤツなんているのか? あ!…………今の私か……。とにかく怪しいアカウントが送りつけてくるURLにはアクセスしちゃダメだぞ!!

Report:佐藤英典
Screenshot:iOS「LINE」

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ