霜降り明星せいや、壇蜜との交際報道振り返り「『今度、ご飯行きませんか』ってメチャクチャ言いたかった」

AbemaTIMES

2019/6/13 16:01

 6月13日、タレントの陣内智則が、次回の漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」開催会見に出席。昨年の優勝コンビ・霜降り明星にインタビューを試みたところ、ボケ担当のせいやに「おまえ、壇蜜さんと付き合ってんの」と直球質問、「あるわけないやろと言いたいけど、山里のことがあるから」と二人の仲を疑い、笑いを起こした。


 先週、大きな話題を呼んだ芸能ニュース、南海キャンディーズの山里亮太と女優の蒼井優の電撃婚を引き合いに出した陣内。せいやはそこで、一部週刊誌に壇蜜との交際を直撃されたことを振り返り「付き合ってるわけないでしょ」と必死になって熱愛を否定した。

せいやは、疑われることになった壇蜜とのツーショットを釈明。

「僕がたまたま三茶(東京・三軒茶屋)を歩いていたときなんですけど、路地に頭から血を流して倒れている男性がいて、これアカンと思って『大丈夫ですか?』と声をかけていたら、女性の方が一人『大丈夫ですか?心配ですよね』と声を出してきて、それが壇蜜さんだったんです」

陣内が「そのとき、(壇蜜が)せいやのこと気付いてたんか」と確かめると、「そのときは、男性がバァーと血を出していたので…」とせいや。介抱することが必死で推測できないと返した。


 ただ、せいやは壇蜜の存在に気付いてそうで「僕は『壇蜜さんですよね』ってメッチャ言いたかった。でも言われへん状況やったから」と内心を明かして、笑わせた。

「そのあと、二人で男性を運んで、救急車を呼んだ後に、壇蜜さんが『あれっ』って言ってくれて、そこで僕のことを分かってくれたみたいなんです」

陣内はその説明に理解を示したものの「そうやったんか、でもその後から付き合い始めたんやろ」とボケをかまし、爆笑を取った。

大ウケしたせいや。「僕はその後、近くまで送っていったんです。『今度、ご飯行きませんか』ってメチャクチャ言いたかったですよ」と喉元を指差し「ここまで、その言葉が出かかった」と思いとどまった様子まで再現した。

「なんや、そうやったんか。芸能記事って、読んでもよく分からんから…」と陣内がようやく納得。「でも、素敵な出会いやね」とポツリ、せいやに向かって感想をもらしていた。


 漫才師の頂点を争う「M-1グランプリ」は、コンビ結成15年以内であれば、プロ・アマ、所属事務所の有無を問わず、出場可能。本日から8月31日までの期間で、エントリーを受け付ける。

ちなみに昨年は、4,640組のエントリー数。過去最高は、2010年の4,835組だそうで、陣内は「今年は令和元年なので、最高記録になってほしい。5,000組のエントリーを目指したい」と更なる増加を狙っていた。

なお、今回の会見には、ミキ、見取り図、ゆにばーす、トム・ブラウン、アインシュタイン、からし蓮根、たくろう、東京ホテイソン、EXITらも出席していた。




















テキスト・写真:野原誠治

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ