スパイス・ガールズ、長編アニメが制作へ ヴィクトリア・ベッカムも参加

クランクイン!

2019/6/13 14:00

 今年の5月、ポッシュ・スパイスことヴィクトリア・ベッカムを抜かす4人で再結成ツアーを始めた英ガールズグループ、スパイス・ガールズ。グループ誕生から25年の節目を迎える2020年に向けて長編アニメも制作されるという。同プロジェクトにはヴィクトリアも参加するとのことだ。

【写真】初々しいヴィクトリア・ベッカムも!「スパイス・ガールズ」フォトギャラリー

The Hollywood Reporterによると、米パラマウント・アニメーションのもとで企画が初期段階にあるという。2020年の公開を目処に、制作が進められるそうだ。映画『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』のサイモン・フラーが製作を務め、映画『キューティ・ブロンド』のカレン・マックラー・ラッツとキルステン・“キウイ”・スミスが脚本を執筆する。

スパイス・ガールズがどのような形で作品に携わるのか、詳細は不明だが、ヴィクトリアのほか、メラニー・ブラウン(スケアリー)、エマ・バントン(ベイビー)、メラニー・チズム(スポーティ)、ジェリ・ハリウェル(ジンジャー)のスパイス・ガールズ全員が参加するという。

楽曲『ワナビー』などのヒット曲を放ち、1990年代を席巻したスパイス・ガールズ。当時の曲や新曲が使用される予定。今回の長編アニメ企画はスパイス・ガールズのアイデアだったと、パラマウント・アニメーションのミレーユ・ソリア社長が明かしているとのことだ。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ