TOMORROW X TOGETHER、デビュー作/BTS/好きなアーティストについて語る

Billboard JAPAN

2019/6/13 14:20



2019年5月に初めての海外ショーケースのため渡米していた新人K-POPグループTOMORROW X TOGETHER(TXT)が、ニューヨークで米ビルボードとのビデオ・インタビューに応じ、デビューEPや好きなアーティスト、そして事務所の先輩であるBTSから受けたアドバイスなどについてメンバー5人全員が英語で語った。

3月にリリースされ、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で初登場140位を記録したデビュー作『The Dream Chapter: STAR』には、1曲だけ英語で歌われている楽曲「Cat & Dog」が収録されている。この理由についてボムギュは、「初めての全米ショーケースでパフォーマンスをする際、世界中のファンに楽しんでもらえるような英語の曲を僕たちからのプレゼントとして披露したかったんだ。僕たちが持つ別の特別な面を見てもらうために最適なのが“Cat & Dog”だと全員が思った」と説明している。動画ではメンバー全員で振り付けを一部披露する一幕もある。

2013年にBTSがデビューして以来、初めてBig Hitエンターテインメントからデビューした新グループであることについてスビンは、「(BTSと)一緒に語られるのはすごく光栄だ。彼らからはたくさんのことを学んだから、グループとして最善を尽くし続ける」と答えている。BTSのメンバーからは、チームワーク、練習、情熱を大切にするように言われているそうだ。

また彼らは、聴くのが好きなアーティストとしてBTS、ジャスティン・ビーバー、ビービー・レクサ、ポスト・マローン、トラヴィス・スコット、ケンドリック・ラマー、ブルーノ・マーズの名前を挙げている。

メンバーのテヒョンは、「明るいエネルギーでいっぱいのグループとして覚えてもらいたい」とTXTの将来についてコメントしており、ヨンジュンは、「僕たち5人がそれぞれ自分らしく輝きながら、一緒になるともっと輝くとみんなに思ってもらいたい」と抱負を語っている。

◎インタビュー映像
https://youtu.be/jDYuIyX6ORI

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ