平岡祐太『インハンド』出演 11年ぶりに山下智久&濱田岳と仲良しトリオ復活

クランクイン!

2019/6/13 12:00

 山下智久が主演を務め、濱田岳が共演するドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の第10話(6月14日)より、俳優の平岡祐太が出演することが発表された。3人の共演は、ドラマ『プロポーズ大作戦』(2007・2008年/フジテレビ)で高校生の仲良しトリオを演じて以来、約11年ぶりとなる。

【写真】「平岡祐太」フォトギャラリー

本作は、「イブニング」(講談社)で連載中の朱戸アオによる同名コミックが原作。山下演じる右手が義手の天才科学者・紐倉哲、濱田演じるお人好しの助手・高家春馬、菜々緒演じる美人官僚・牧野巴の凸凹トリオが、科学が巻き起こすさまざまな事件を爽快に解決していくヒューマンサイエンスミステリーだ。6月14日放送の第10話からは、同21日放送の最終回に向けて最終章に突入、紐倉たちが最後の難題に挑む。

平岡が演じるのは、高家の故郷・相羽村でBSL4施設(ウイルスなどの病原体を取り扱う施設のうち、最も危険性の高い病原体を対象とする施設)の誘致反対運動を行う青年会の会長・棚橋。高家の幼なじみであり、高家の憧れの女性だった美園(石橋杏奈)の恋人でもある。正義感の強い棚橋が取った行動が、とんでもない事態を引き起こすきっかけになる…。

本作でコンビを組む山下と濱田をうらやましく思っていたという平岡は、オファーを受け、「思いが叶ってすごくうれしいです」と歓喜。約11年ぶりの共演にもかかわらず、「久々という感じが全然しなくて。休憩時間に自然と3人でしゃべっている時に『あ、この感じ!』って、どこか昔の続きのような不思議な気持ちになりました。こうして再共演できたことで改めて、素敵な青春を一緒に過ごしてきた仲間だということが身に染みました」と語っている。

山下と濱田もそれぞれ、「すごくうれしいです。懐かしい気持ちもありますが、11年経ってまた違った平岡くんを見られるのではと期待しています」(山下)、「やっぱり久々にこうして3人揃うと、旧友と会ったみたいな楽しさがありますね」(濱田)と再共演を喜んでいる。

金曜ドラマ『インハンド』第10話は、TBS系にて6月14日22時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ