高橋真麻、「入浴時間の長さ」に驚きの声 マネージャーのおかげで遅刻を回避

しらべぇ

2019/6/13 13:00




フリーアナウンサーの高橋真麻が12日、自身のブログを更新。

遅刻してしまったことを報告したのだが、そこからの驚異的な身支度の速さに驚きの声が相次いでいる。

■出発時間を1時間勘違い


高橋はこの日、「社会的に死ぬ」というタイトルでブログを更新し、出発時間を1時間遅く勘違いしていたことを報告。迎えに来たマネージャーが不審に思い、インターホンを押してくれたことで、勘違いに気がつくことができたそうだ。

高橋は「5分でお風呂に入り、5分で支度をして新幹線に間に合いました」とコメントしており、驚異的なスピードで入浴を済ませ、新幹線に無事間に合ったことを明かした。

■「早わざですね」とファン驚き


ブログ記事には、仕事への責任感から驚異的な速さで身支度を済ませたことに、読者から驚きと称賛の声が。

「間に合って良かったね。それにしても早わざですね~。ガンバレ真麻さん」

「間に合って良かったですね! 火事場の馬鹿力のように素晴らしい」

「あれまっ、そんなことが! 遅刻は行けません! 自分で反省してるなら気をつけましょう」

「少しお疲れなのでは? 今夜はゆっくり休めそうですか? 若いからと言ってご無理ないように、ご自愛下さいね。」

「疲れてないかな? なるべく身体を休めてくださいね。間に合いよかったね」

中には、「疲れているのでは?」と多忙なスケジュールをこなす彼女を心配するコメントも。

■若者ほど遅刻しやすい傾向に?


今回はマネージャーの機転のおかげで遅刻を回避できた高橋。しかし、世の中には遅刻癖が常習化してしまっている人もいるのでは?

そこで、しらべぇ編集部が、全国の男女1365名に質問したところ、年代別では「待ち合わせにいつも遅刻する」と答えた人が20代では13.9%という結果に。



年齢を重ねるほど割合は低くなり、遅刻する人が少なくなることがわかる。遅刻で「社会的に死ぬ」と猛省していた高橋。彼女の真面目さを再認識した出来事でもあった。

・合わせて読みたい→服が決まらず「遅刻」した経験者は15% 年収で意識の差が明確に!

(文/しらべぇ編集部・溝田 ももこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ