6月7月見頃の「花絶景」12選。デートにもおすすめ【東海近郊】

じゃらんnews

2019/6/13 10:00


メナード青山リゾート

梅雨の始まる6月はジメジメで苦手…。
でも今の時期だからこそ楽しめる花の絶景があるんです。

初夏を彩るアジサイやバラ、ユリ、すずらん、カモミールやラベンダーなど、初夏から夏にかけて咲く花々がたくさんあり、東海地方でもその絶景を見ることができます。

しかも最近では食べられるお花「エディブルフラワー」を使ったフォトジェニックな花スイーツも各地で誕生。
絶景のお花畑を見ながら味わえば嫌な気持ちもどっかに飛んで行っちゃいますよ♪

記事配信:じゃらんニュース

<目次>
■愛知県の花絶景
■岐阜県の花絶景
■三重県の花絶景
■静岡県の花絶景
■長野県の花絶景
■滋賀県の花絶景


■愛知県の花絶景
1. 本光寺【愛知県幸田町】
蒲郡の西、幸田町にある"三河あじさい寺"へ
本光寺ガクアジサイをはじめ15種、約1万本のあじさいが咲きます本光寺梅雨の古刹をしっとり彩る。山門に至るまでの参道の両側に咲き誇ります
見頃/6月初旬~下旬
島原藩主・深溝(ふこうず)松平家ゆかりの寺。毎年6月になると境内や山門に咲くあじさいが訪れる人を魅了します。名古屋市街から車で約1時間。最寄り駅のJR三ヶ根駅からは徒歩6分ほど。蒲郡温泉郷へも車で20分圏内です。
本光寺
[TEL]0564-62-1626(本光寺)、0564-62-1111(幸田町観光協会)
[住所]額田郡幸田町大字深溝字内山17
[営業時間・定休日]見学自由
[料金]境内見学無料(東御廟所は拝観料100円)
[アクセス]東名岡崎ICより30分
[駐車場]50台
「本光寺」の詳細はこちら
2. 形原温泉あじさいの里【愛知県蒲郡市】
蒲郡八景の一つ。日没後も見所。
形原温泉あじさいの里県下有数の規模を誇るあじさいの名所。補陀ヶ池(ほだがいけ)に光が反射してロマンチック
[あじさい祭り]6/1(土)~30(日)
例年6月、5万本のあじさいの見頃に合わせて開かれる「あじさい祭り」。丘陵地の池を囲むように咲く色とりどりのあじさいにうっとり。期間中は日没から閉園まで会場全体がライトアップされます。
形原温泉あじさいの里
[TEL]0533-57-0660(形原観光協会)
[住所]蒲郡市金平町一ノ沢28-1[あじさい祭り]
[営業時間]期間中の8時~21時30分
[定休日]なし
[料金]入場料300円(中学生以下無料)
[駐車場]400台(1回500円)
「形原温泉あじさいの里」の詳細はこちら
3. 愛・地球博記念公園(モリコロパーク)【愛知県長久手市】
約10万本のラベンダーが満開!
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)園内「花の広場」前で観賞できる。毎年訪れるリピーターも多いとか
見頃/6月下旬
広い園内では四季折々の花が楽しめます。初夏は爽やかなラベンダーの香りと、紫×グリーンの初夏の風景に癒やされます。6月末からは「ラベンダー彩りまつり」を開催。ラベンダーの摘み取り体験や、ラベンダーを使ったワークショップが予定されています。
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
[TEL]0561-64-1130
[住所]長久手市茨ケ廻間乙1533-1
[アクセス]名古屋瀬戸道路長久手ICより5分
[駐車場]3カ所、計1800台(1台500円)
<公園>
[営業時間]8時~19時※休館日は~17時30分※季節変動
[定休日]月(祝日の場合翌平日)、年末年始※春夏冬休みは月曜も開園
[料金]公園は無料※一部施設は有料
「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」の詳細はこちら
4. 国営木曽三川公園 138タワーパーク【愛知県一宮市】
ツインアーチとあじさいのコラボ。
国営木曽三川公園 138タワーパークあじさい×ツインアーチ138のコラボ写真はここならではの特別な一枚。タワー展望階は15歳以上500円、他国営木曽三川公園 138タワーパーク紫陽花の小径
見頃/6月中旬~下旬
一宮のシンボル、高さ138mの展望タワー「ツインアーチ138」近くの「英国風花壇」ではカシワバアジサイ。「紫陽花の小径」では、ホンアジサイやガクアジサイ、西洋アジサイが約400株咲きそろいます。
国営木曽三川公園 138タワーパーク
[TEL]0586-51-7105
[住所]一宮市光明寺字浦崎21-3
[営業時間]平日9時30分~17時、8/13~15及び11/23~12/25は~21時
[定休日]第2月※8月、12月はなし
[アクセス]東海北陸道一宮木曽川ICより8分
[駐車場]900台
「国営木曽三川公園 138タワーパーク」の詳細はこちら


■岐阜県の花絶景
5. 花フェスタ記念公園【岐阜県可児市】
ロイヤルローズからひまわりへ、夏まで花満開。
花フェスタ記念公園約7000品種のバラが彩るテーマパーク。遅咲きの品種は6月上旬頃まで楽しめます花フェスタ記念公園テーマガーデンにはバラのアーチやバラウォールなどインスタ映えスポットが登場。アーチは通り抜けできます花フェスタ記念公園7月下旬~8月中旬までゴッホ、テディベアという品種のひまわりが園内「地球花壇」で見頃を迎えます花フェスタ記念公園バラのアイスクリームやハーブを取り入れたローズパフェ1000円
6/16(日)まで春のバラまつり開催中
営業時間/平日9時~17時、土日8時~18時※入園各30分前
定休日/なし
料金/大人1000円、高校生以下無料

日本の皇室にちなんだバラが主役の「ロイヤルローズガーデン」やバラのアーチなど今季も見所いっぱい。カフェ「THE GARDEN」ではオリジナルパフェを提供。バラが終わると7月下旬からひまわりが園内2カ所で楽しめます。
花フェスタ記念公園
[TEL]0574-63-7373
[住所]可児市瀬田1584-1
[営業時間]9時~17時※入園は閉園30分前※季節変動※「THE GARDEN」は9時~17時※LO16時30分
[定休日]火※祝日の場合翌平日、他 e大人520円、高校生以下無料
[アクセス]東海環状道可児御嵩ICより4分
[駐車場]2カ所、計1700台
「花フェスタ記念公園」の詳細はこちら
6. ひるがのピクニックガーデン【岐阜県郡上市】
ひるがの高原の新名所。ピンク×グリーンの絶景。
ひるがのピクニックガーデンリフトで8分。ガーデンには見晴らし台も。1万株のコキアとのコントラストも見所の一つひるがのピクニックガーデン「ジップラインアドベンチャー」は小学生以上が対象。別途1人3900円ひるがのピクニックガーデン6人乗りの大型バギーで山頂の絶景をめざそう。要予約。 [平日]車体基本料(運転手1名込み)8500円、同乗者中学生以上1名につき2000円、他ひるがのピクニックガーデン山頂カフェにはプライベートテラスもオープン!要予約。有料ひるがのピクニックガーデンエディブルフラワーやいちごを使った新作ドリンク。ひるがのいちごフラワー、フラワーソーダなど3種、各500円ひるがのピクニックガーデン山頂の「Momoiroカフェ」限定のスパークリングアイス。800円。2種類あり
7月6日(土)~10月22日(祝)NEWオープン!
この夏、話題の新スポット!標高1000mの山頂に広がる約4万株のペチュニア(桃色吐息)の花畑が圧巻。山頂にはオリジナルスイーツやエディブルフラワーを取り入れたドリンクが味わえるカフェや、眺望抜群のテラスも登場します。
ひるがのピクニックガーデン
[TEL]0575-73-2311
[住所]郡上市高鷲町ひるがの4670-75
[営業時間]7/6(土)~10/22(祝)の8時30分~17時(リフトの運行は9時~16時※下り最終16時30分)
[定休日]期間中なし
[料金]入園料(1)中学生以上500円(2)4歳~小学生300円 [展望リフト往復](1)800円(2)500円※プライベートテラス・バギーの利用詳細についてはHPをチェック
[アクセス]東海北陸道ひるがの高原スマートICより5分
[駐車場]600台
「ひるがのピクニックガーデン」の詳細はこちら
7. あじさいの山寺 三光寺【岐阜県山県市】
山寺の境内を彩るヤマアジサイ。
あじさいの山寺 三光寺古来、日本で自生するヤマアジサイ。これだけの種類が一度に観賞できるのはめずらしいそうあじさいの山寺 三光寺西洋アジサイに比べると、小振りだけれど、色が濃く鮮やかなのが特徴あじさいの山寺 三光寺あじさい祭りの期間中は、抹茶とあじさいを模った和菓子が提供されます(500円)
見頃/6月初旬~下旬
静かな山寺を彩る百数十種、8000株のヤマアジサイが見頃。どれも日本古来の品種で、小柄でしっとり控えめな花姿が印象的。あじさいの見頃に合わせて開かれる「あじさい祭り」も話題です。
あじさいの山寺 三光寺
[TEL]0581-52-1054
[住所]山県市富永671-1
[営業時間・定休日]参詣自由※あじさい祭りは6/10(月)~30(日)9時~17時
[料金]護摩木祈願奉納料として300円(奉納された護摩木は6/30の柴燈護摩祈祷会にてお焚き上げ)
[アクセス]東海北陸道関広見ICより15分
[駐車場]30台
「あじさいの山寺 三光寺」の詳細はこちら

>>>次ページは、三重県・静岡県・長野県・滋賀県の花絶景スポット


■三重県の花絶景
8. メナード青山リゾート【三重県伊賀市】
高原に揺れるカモミールやラベンダーに包まれて。
メナード青山リゾート6/15(土)~7/15(祝)はラベンダーフェスタを開催。中学生以上1080円、小学生540円メナード青山リゾート白×イエローがかわいいジャーマンカモミール。リンゴのような甘い香りがするそうメナード青山リゾートカモミールの見頃(見頃/~6月中旬)の終盤にはハーブの摘み取り体験540円もメナード青山リゾートガーデン併設のハーブカフェ「ルッコラ」ではハーブティー594トクリーム円やラベンダーソフ410円が味わえます
霧生温泉「香楽の湯」

ハーブクラフト体験

マストゥニコーラ

見頃/カモミール~6月中旬、ラベンダー6月中旬~7月下旬
標高600mの青山高原にある複合リゾート。年間300種ものハーブが彩る「ハーブガーデン」では、6月中旬までカモミール、7月中旬までラベンダーが咲きそろいます。
ハーブクラフト体験では、ドライハーブを使ったハーブ染め体験や、オリジナルリース、フォトフレーム作りなど、メナード青山リゾートならではのクラフト体験メニューが目白押し。
パスタ&ピッツァハウス「マストゥニコーラ」では、本場イタリア産のトマトやチーズ、オイル、生地のほか、ハーブガーデン育ちのハーブや地元食材を取り入れた本格ピッツァやパスタが味わえる。
また霧生温泉「香楽の湯」も魅力。摘みたてハーブを浮かべた「香りの湯」や「ミストサウナ」をはじめ、4種類の風呂が日帰り利用できます。温泉は肌にやさしいアルカリ性単純泉。
一日リラックスして過ごせます。
メナード青山リゾート
[TEL]0595-54-1326
[住所]伊賀市霧生2356
[営業時間]施設により異なる
[定休日]不定
[アクセス]伊勢道久居ICより50分
[駐車場]100台
「メナード青山リゾート」の詳細はこちら


■静岡県の花絶景
9. 可睡ゆりの園【静岡県袋井市】
甘くやさしいユリの香り漂う、遠州の花の名所。
可睡ゆりの園正面入口から時計回りに一周すると最後に現れます。五色のユリが織りなす美しい花の川が圧巻可睡ゆりの園池と木立の間に広がる5色混色ゾーン。6月はあじさいも
開園中~7/7(日)
3万坪の敷地に世界150余種、200万輪のユリが咲き誇ります。池や滝などを有する回遊式庭園を歩きながらオレンジ、黄、白、赤、ピンク、五色混色の艶やかなユリを楽しんで。食事処ではめずらしいユリ根の天ぷらも味わえますよ。
可睡ゆりの園
[TEL]0538-43-4736
[住所]袋井市久能2990-1
[営業時間]9時~17時
[定休日]なし
[料金]高校生以上1000円、小中学生300円
[アクセス]東名袋井ICより5分
[駐車場]1500台(臨時駐車場500台は6/1~23のみ営業)※1回500円、他
「可睡ゆりの園」の詳細はこちら
10. はままつフラワーパーク【静岡県浜松市】
梅雨をしっとり彩る2種の花。
はままつフラワーパークフラワートレイン(高校生以上100円、3歳以上50円)からも愛でられますはままつフラワーパークハナショウブ園では700 品種、約70万本のハナショウブが見頃
見頃/6月上旬~中旬見頃
舘山寺温泉の近く、四季の花に癒やされるフラワーガーデン。6月はあじさい並木や野生あじさい園、のどかな里山の風景を涼しげに彩るハナショウブ園が見所を迎えます。7/1~8/31は入園無料です。
はままつフラワーパーク
[TEL]053-487-0511
[住所]浜松市西区舘山寺町195
[営業時間]9時~17時※季節変動
[定休日]なし※12/29~31は休園
[料金]高校生以上1000円、小中学生500円※花の咲き具合などにより変動※7・8月は無料
[駐車場]600台(1回200円)、他
「はままつフラワーパーク」の詳細はこちら


■長野県の花絶景
11. 富士見パノラマリゾート【長野県富士見町】
標高1780メートル、天空のすずらんの花園へ。
富士見パノラマリゾート山頂駅前の公園では約20万本のドイツすずらんが咲きます富士見パノラマリゾート山頂駅から徒歩10分。標高1734mに広がる入笠湿原。木道沿いにアヤメをはじめ様々な植物が見られます富士見パノラマリゾート入笠湿原では約100万本の日本すずらんの群生が目の前に富士見パノラマリゾート絶景を前に日々のストレスが吹き飛びそう!八ヶ岳展望台では富士山も見えます富士見パノラマリゾート山麓からゴンドラで10~15分。往復乗車券を購入すると入笠に咲く花の小冊子がもらえます富士見パノラマリゾート富士見町産赤ルバーブのペーストを練り込んだルバーブソフトクリーム360円。爽やかな甘酸っぱさが癖に高原野菜ルバーブカレー自家栽培のルバーブを取り入れた高原野菜ルバーブカレー1050円。野菜もたっぷり山賊焼き定食写真はにんにく醤油ダレに漬けた鶏肉に、片栗粉をまぶして揚げた長野名物、山賊焼き定食1000円
見頃/入笠すずらん山野草公園~6月上旬、入笠湿原6月上旬~6月下旬
山麓のレストランで早めのランチを済ませたら、標高差730mをゴンドラで一気に上り、山頂へ。ダイナミックな稜線と可憐に咲くすずらんの群生が広がり、爽快!山野草公園の奥にはパノラマビューの展望台やカフェもあります。
富士見パノラマリゾート
[TEL]0266-62-5666
[住所]諏訪郡富士見町富士見6666-703
[営業時間]~11/4の8時30分~16時
※下り最終16時30分※~6/23・7/20~8/18は8時~(季節・天候により変動)
[定休日]期間中なし
[料金]ゴンドラ往復中学生以上1650円、小学生800円
[アクセス]中央道諏訪南ICより7分
[駐車場]2000台
「富士見パノラマリゾート」の詳細はこちら


■滋賀県の花絶景
12. 地蔵川の梅花藻【滋賀県米原市】
醒井宿の初夏の風物詩。名水に揺れる水中花。
地蔵川の梅花藻水面の梅花藻に交じって見えるピンクの花は同じ時季に見頃を迎えるサルスベリ地蔵川の梅花藻キンポウゲ科の淡水植物で水温14℃前後の清流にしか育たたない希少な花醒井宿地蔵川沿にく醒井宿は湖北八景の一つにも選ばれています
見頃/~8月下旬
梅の花に似た小さな白い花が、水面や水中で咲く姿が涼しげ。平成の名水百選の一つ、「居醒の清水(いさめのしみず)」の湧水を湛える地蔵川で観賞できます。川岸に続く中山道61番目の宿場・醒井(さめがい)宿の町並みも風情たっぷり。
地蔵川の梅花藻
[TEL]0749-58-2227(米原市商工観光課)
[住所]米原市醒井
[営業時間・定休日]見物自由
[料金]見物無料
[アクセス]名神米原ICより5分
[駐車場]44台(30分まで無料、以降有料(24時間最大600円)※醒井駅前駐車場利用)
「地蔵川の梅花藻」の詳細はこちら

■消費税の税率変更に伴うお知らせ
2019年10月以降に係るお支払につきましては、施設利用時に現地にて税率変更による差額分のお支払いが発生する場合がございます。
実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください。

※この記事は2019年6月時点での情報です

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ