King & Prince高橋海人、子犬が20匹捨てられていた動物園を緊急取材『坂上どうぶつ王国』

テレビドガッチ

2019/6/13 12:00

King & Princeの高橋海人が、6月14日放送の『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系、毎週金曜19:00~)に出演。高橋は、これまで20匹もの子犬が捨てられ、メディアでも大きく報じられた宇都宮市の宇都宮動物園を緊急取材する。

同番組は、芸能界きっての愛犬家である坂上忍とゆかいな王国ファミリーの仲間たちが、人間と動物の「楽園」をイチから作り上げていく動物バラエティ。スペシャルレギュラーとして片平なぎさ、レギュラーメンバーとして、高橋のほかに、サンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)、くっきー(野性爆弾)、堀田真由が出演する。

宇都宮動物園では2019年4月、9匹の子犬が捨てられた。実はこの動物園では去年11月に2度、同じように子犬が捨てられていたのだ。高橋は子犬を発見した飼育員に案内され、子犬が捨てられていた現場へ向かう。そこは動物園の従業員専用の裏口。高橋は当日の様子について飼育員に話を聞く。そして、「子犬ちゃんたちはどうなりましたか? おびえていませんか?」と、子犬たちの現在の様子について尋ねると、子犬たちはすべて引き取られたという。「良かったですね」と安堵の表情を浮かべる高橋。捨てられていた子犬たちは今、どのように暮らしているのか? 高橋は子犬を引き取ったお宅へ向かう。そこで高橋が見た子犬たちの姿は?

一方番組では、自由に歩けなくなった愛犬のために車いす作りに挑戦し、人生が大きく変わった夫婦の物語を紹介する。椎間板ヘルニアを患った愛犬・スイーピーのために、夫婦が試行錯誤の末に車いすを作り上げると、その車いすで楽しそうに歩き、元気を取り戻したスイーピー。するとその手作りの車いすが評判となり、全国から依頼が殺到。これまでに2000台の車いすを手作りし、歩けなくなった犬と飼い主に希望を与えている夫婦の物語に、富澤は涙。片平も「すてきなご夫婦でしたね……」と涙を流す。

高橋は、「いま犬の親子を飼っているんですが、子供の犬が結構前に足を痛めて動けなくなっちゃって……」と自身の愛犬も自由に歩けない状態であることを明かした。高橋は父親と一緒に簡易的な車いすを作ったが、うまくいかなかったという。「今のVTRを見ていたら、また歩いているところを見てみたい」と、自身の愛犬と重ねてVTRを見守った。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ