堤真一、真田広之の付き人時代の仰天エピソード披露「本番中に玉三郎さんが…」

テレビドガッチ

2019/6/13 12:00

俳優の堤真一が、6月15日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30~)に出演する。

ドラマや映画、舞台で活躍を続ける堤は、幅広い役を演じ分け、圧倒的な存在感で見る者を惹きつける役者だ。意外にも“初対面”だというサワコと“初々しい気持ち”でトークはスタート。

番組では、役者として、父として様々な話を披露。俳優の道を歩むきっかけとなった舞台『天守物語』の話では、主演を務める坂東玉三郎との秘話も。当時、俳優の真田広之の付き人をしていた堤は、獅子頭に扮した黒子役として舞台に立つことになったそうで「本番中に獅子舞の中に入ってきた玉三郎さんが……」と、ビックリエピソードを語る。

そんな堤は「元々舞台でやっていきたいと思っていた」と話すも、30歳を過ぎた頃からテレビドラマにも出演。松嶋菜々子主演のドラマ『やまとなでしこ』では、ヒロインの相手役に抜擢され一躍注目を集めたが「脚がガクガク震えてた」と慣れない現場に緊張していたことを吐露。当時の知られざるエピソードを明かした。

ほかにも、将来への希望が持てず“不登校”になった高校時代の話や、これまで語ることのなかった最愛の父への思い、真田や大先輩の佐藤浩市とのエピソードなど、阿川と大いに盛り上がる。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ