お金持ちの家は狙われやすい? 強盗に入られた経験者は年収別でも差が

しらべぇ

2019/6/13 11:30

(tommaso79/iStock/Thinkstock)
金銭だけでなく、ときに命も奪われかねない押入り強盗。一般の家はもちろん、芸能人の家に入ったなどでも、たびたび話題に。

たとえば、歌手の美川憲一は空き巣に2度も入られており、2,500万円が入った金庫が盗まれたことも。また、芸人の志村けんは2004年に貴金属・現金合わせて1,040万円近くの被害が出たそうだ。

芸能人の自宅は、顔を知られていることもあり、セキュリティも万全のイメージがあるが、プロの強盗にかかると防ぐのは難しいとも考えられる。

最近は一般的な家でも、オートロックなどセキュリティがしっかりしている場所が多いが、実際に強盗に押入られた人はどのくらいいるのだろう。

■経験ありはわずか


そこで、しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1732名を対象に調査したところ、「強盗に押入られたことがある」人は、全体のわずか5.1%。



男女別では、男性は7.5%、女性は3.0%と、男性のほうが4.5ポイントも高い。やはり、昔に比べ、家のセキュリティが強化されていることもあり、低い割合なのかも。また、昨今はインターネットでの犯罪も増えており、その影響もあらわれているのだろうか。

■危機感が強いのは女性?


さらに男女年齢別で見ると、50代男性が一番高ポイントで10.8%。全体的に見ても、どの年齢層も男性のほうが圧倒的に高ポイントだ。



一人暮らしなどすると、女性のほうが危険と感じることが多いため、戸締りなどしっかりするイメージ。その結果、男性のほうが割合が高いという結果なのかもしれない。

■高収入層は狙われる?


一方、年収別では1000万円以上が11.4%。次いで、500~700万円が8.5%、700~1000万円が6.7%と、高収入層が「強盗に押入られた」経験のある人が多い様子。やはり強盗は、お金のありそうな家を嗅ぎつけるのだろうか。



物騒なご時世。せめて自分でできる戸締りなどは徹底して、危険を回避していきたいものである。

・合わせて読みたい→お茶出しを「男性社員がしてはいけない理由」とは… 先輩の一言に唖然

(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ