西田敏行、大森南朋と共演 以前は「マシンガンで撃とうと…」


俳優の西田敏行が、7月11日にスタートするテレビ朝日系新ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』(毎週木曜 21:00~)に出演することが決まった。

同ドラマは、さまざまな事件の真相を追い求める天才法医官と新人女性法医官が絶対的権力に立ち向かう姿を描いた、韓国の大ヒットドラマ『サイン』をリメイクするもの。俳優の大森南朋が主演を務める。

西田が演じるのは、ドラマの舞台となる架空の国家機関「日本法医学研究院」の院長・兵藤邦昭。「兵藤は法医学者として真摯(しんし)に、死者のご遺体の声なき声に耳を傾ける男。私もその志を心に秘めて、最後までまい進したいと思います」と意欲を見せる。

また、「あんなに優しい顔の大森南朋を見たのは初めてです。以前共演したときは、劇中で私のことをマシンガンで撃とうとしましたからね」と笑みを浮かべ、「そういった意味でも、穏やかな気持ちで撮影に臨めて幸せでしたし、大変気持ちよく撮影初日を迎えることができました」と振り返った。

その大森も「以前共演させていただいた作品では敵対した役柄で、あまり目が合うお芝居がなかったのですが、今回は師弟関係ということで、がっつり憧れの西田敏行さんに受け止めていただいております。最高にうれしい日々です。また、撮影合間には他愛のない話を西田さんとさせていただいている…それが幸せです」と喜んだ。

西田のほかにも、木下ほうか、利重剛、森川葵、柳美稀、横山涼、佐津川愛美、小久保寿人、吉田ウーロン太、淵上泰史、猪野学の出演が追加発表された。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ