“インスタ映え”狙いの可愛いソフトクリームのトッピングも……溶けるとモンスターになっちゃうよね

ガジェット通信

2019/6/13 09:00



世界中で『Instagram』がブームになったことから、“インスタ映え”を狙った商品やサービスが次から次へと登場しています。映える商品の開発に躍起なのは、スイーツ業界が一番ではないでしょうか。これでもかと言わんばかりに、あれもこれもと盛りまくったパンケーキ、アイス、パフェ、和菓子の写真は、『Instagram』上で簡単に見つけることができます。

あるアメリカ人女性が投稿したソフトクリームが、“映える”とはちょっと違った意味で話題となっています。

https://twitter.com/SydWeiler/status/1137537534693654528

「26回もの夏の間、地元のアイスクリーム屋さんで、毎回同じものを注文しています。今日はわたしのお友達を紹介しますね。顔があるソフトクリームです」というツイート共に公開されているのが、ソフトクリームのビフォーアフター画像です。トッピングで顔があるように飾り付けされた、いかにも“インスタ映え”狙いのソフトクリームも、時間の経過と共に劣化してしまいます。アフターのほうは、もはやモンスターです。

https://twitter.com/SydWeiler/status/1137897148434014208

このソフトクリームは、ウェストバージニア州フォランズビーにある“Howdy’s Dari-Owl”というお店で購入したものです。

このツイートを見た人達から、他のお店で売られているアイスクリームの画像も投稿されています。

https://twitter.com/RiggsyDiggsy/status/1137680033861001216

「“うんちの絵文字”とか言うのやめて欲しいわ。どう見てもアイスクリームでしょ」

https://twitter.com/presenteric/status/1137771536448929794

https://twitter.com/g_slaz/status/1137722399439446016

https://twitter.com/EvonDesign/status/1137867940303429632

顔があろうとなかろうと、ソフトクリームは溶ける前に食べ切るのが鉄の掟ではないでしょうか。

※画像:『Twitter』より引用

https://twitter.com/SydWeiler/status/1137537534693654528

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ