ペットの「黒い犬」をかわいがっていた女性が逮捕 住民が不安から解放された理由とは

しらべぇ

2019/6/13 09:00

(Tom Brakefield/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
先週、マレーシア・クアラルンプールにあるコンドミニアムの一室から、一頭の子グマが動物保護当局により保護された。

道端にたたずんでいたところを女性が拾い自宅で飼っていたもので、飼育届出書もないことから鳥獣保護管理法違反の疑いで、女は逮捕。取り調べに対し、「犬だと思った」と主張しているという。

■絶滅危惧種のマレーグマだった


子グマを「ブルーノ」と呼んで飼育していた女は、デサ・パンダン地区にあるコンドミニアムに暮らす27歳の歌手。リアリティ番組への出場経験を持つほどの実力者だ。

子グマは2010年には絶滅危惧種に指定された、大人しいことで知られるマレーグマで、生後6ヶ月と見られている。

■異変に気付いた住民が通報


コンドミニアムの住民は、警察の聞き取りに「獣の吠えるような声が外に漏れ出ていた。黒いクマが窓ガラスを突いている様子にショックを受けた」「最初は多くの住民が、着ぐるみ姿の子供がクマのフリをしてふざけているのだと思っていた」などと話したという。

時おり、窓のすき間から外に向かって身を乗り出すクマ。その鳴き声は犬のものとは確実に違う。不安な住民たちはモップなどを利用して窓を押さえつけ、クマが飛び出してこないよう必死だったとのことだ。

■「保護が必要だと思った」と主張


上記の歌手は警察と動物保護当局の職員にはこう釈明している。

「私自身も犬ではなくクマだと気づき始めけれど、まだ保護が必要だと思い、食べ物を与えていた」

「もしもブルーノが話せるなら、チョコレートが美味しかったと言ってくれるはず」

「元気になり、大きくなったらいずれは動物園に連れて行くつもりだった」

■住民「そんな優しい人間か」と反論


住民は彼女について、そんなに慈悲深い人間だとは思っていない様子。というのも、なんと彼女はブルーノを家に置いて里帰り旅行に出ていたのだ。

この間、ブルーノは窓ガラスを必死に突き、不安や寂しさから外に向かって吠えていたことがあったといい、住民は不安の気持ちでいっぱいだった。警察もこの点を厳しく問い詰めることであろう。

■20~30代はペットを「衝動的に購入」しがち


しらべぇ編集部が全国20代~60代のペットショップで犬・猫を購入したことがある男女452名を対象に調査をしたところ、「衝動的に購入した」と回答したのはおよそ6人に1人。20~30代にその傾向が強くみられる。



若さゆえの衝動もだが、彼女にも優しい気持ちは確かにあったのだろう。なぜ旅行の前に動物園に相談しなかったのか、そこが疑問でならない。黒い子犬だと思って飼ったのにクマだった。なお、こういう事例は中国や東南アジアではまれに起きているとのことだ。

・合わせて読みたい→飼い犬がヒグマに襲われて… 飼い主が見た「凄惨すぎる光景」に言葉を失う

(文/しらべぇ編集部・浅野ナオミ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の犬・猫をペットショップで購入した人452名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ