カンニング竹山、“正論おじさん”に「ただの妄想」と激怒 発言が物議を醸す

しらべぇ

2019/6/13 05:30




12日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)にタレントのカンニング竹山が出演。歩道にはみ出した看板などを撤去して回っている「正論おじさん」について私見を述べ、物議を醸している。

■「正論おじさん」が話題に


三重県に住む男性は毎日商店街に現れ、歩道やにはみ出したり、点字ブロックの上に置かれた店の看板を無断で撤去したり、蹴飛ばしたり、店員に手を出したり、店内で怒鳴ったりしているという。この男性のせいで売り上げが下がって休業した店もあるようだ。

自分の主張は法律に基づいた「正論」だとし、看板を撤去する理由について「看板やのぼり旗が道に出ていたら、お年寄りにぶつかって怪我をして危ない。警察にお願いしてもやってくれないので自分でやっている」と話す。

一方で、店側は「あなたに撤去する権限はない」と真っ向から対立している。

■「暴論おじさん」と苦言


男性の行動について「やりすぎ」とした竹山は、「正論でも何でもない。ただの迷惑行為ですよね」とバッサリ。

「『法に基づいて』って言うけど、法の執行をなんでお前がするんだって話もあるし、それ以上に迷惑かけてるだろって話もある」とし、高齢者のためという理由についても「(高齢者から)『助けてくれ』って言われたわけでもなんでもない、ただの妄想でしかないでしょ。妄想で勝手にやってるだけで全員に迷惑がかかってる」と主張する。

そして、「じつは話し合う余地も何もない。正論でもないし、おじさんの気持ちうんぬんもまったく関係ないし、ただの迷惑行為で『暴論おじさん』ですよ。正論おじさんなんて言っちゃだめ」と怒りをあらわにした。

■発言に賛否の声


男性について「商店街にどうやって来なくするか」が課題だとし、「行政がちょっと動いて保護するかカウンセリングするかやらないと、このままやるとみんな生活できない」と苦言を呈した竹山。

ネット上では、「よく言った」「竹山こそ正論おじさん」と称賛する声もあがっている。しかし、一方で「迷惑行為だが正論でもある」と一部では男性の行為に理解を示す声もあがっており、「暴論おじさん」と切り捨てた竹山に対して疑問の声も。

「点字ブロックの上には迷惑だと思いますが…正論おじさんって正論だよね? 物壊したりはいけないけど、おじさんは間違ってないと思う」

「竹山は、なぜ頑なに『正論じゃない』って言うんだろ? 正論は正論だよ。あとは常識…やり方の問題やと思う」

■コメントが的確な芸人コメンテーターは…


キレのあるコメントが共感を呼ぶことが多い竹山。しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,474名に「コメントが的確な芸人コメンテーター」について複数回答で調査したところ、竹山は2位という結果に。



物事をズバッと切り捨てる切り捨てる発言が「正論」と称賛される竹山だが、今回の問題についてはそうはいかなかったようだ。

・合わせて読みたい→カンニング竹山、新幹線無差別殺傷の男に怒り 「死ぬなら勝手に死ね」に称賛の声

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1,474名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ