山下真司、ラグビー日本代表の勝利を祈願 「トントントントン勝つぞ!」

しらべぇ

2019/6/13 07:20




12日、『ラグビーワールドカップ2019 開幕100日前記念トークショー』が行われ、俳優の山下真司、元日本代表の伊藤剛臣らが登場した。

ラグビーを題材にしたドラマ『スクール☆ウォーズ』(TBS系)で教師役を務めた山下は言わずもがなのラグビーファン。開幕まで100日を迎えたことに「100日はあっという間。もう臨戦態勢に入っている」と応援する気マンマン。

「トントントントン勝ってほしい」と、「トントントントンヒノノニトン」でおなじみで、自身が出演している日野自動車CMのリズムに合わせ日本代表へエールを送った。

■15年の逆転勝ちは今でも脳裏に




2015年のワールドカップでは、強豪・南アフリカを相手に日本が勝利。当時について山下は「あれを見た時鳥肌が立った。脳裏に焼き付いて離れないね」と感動していたという。

キャプテンを務めるリーチ・マイケル選手は恥骨を怪我し、19年3月末のニュージーランド遠征に参加できなかった。当時の報道で、リーチ選手が30センチの長針で治療したことを知った山下は「麻酔したかしてないか気になるね」と興味津々。

「彼は本当に日本の大黒柱」と活躍に期待しながらも、「リーチなら麻酔無しでできるんじゃないか」と、プレー以外にもエールを送った。

■山下のお気に入り選手は田村優




山下のお気に入り選手は、田村優だという。「優ちゃんしかいない。出場している試合見たけど外人選手とひけをとらない」「天才中の天才というオーラがあってイケメン」とベタ褒め。

「天才肌の田村。みなさん今日から努力しましょう」と田村の背中を見習ってほしいと力説した。

■涙なしでは見られない




山下は「日本代表がトライするたびに泣いてしまう」「泣いても足りないくらい、泣いてしまう」と涙なしではラグビーの試合を見られないもよう。

「開幕戦が大事。勝ったら泣くけど負けたら泣かない」とも宣言する。「監督の気分になっててね」と、ドラマでも演じた教師役の心情を拭いきれないようだ。「八強(ベスト8)に絶対入るぞ! 頑張れ日本!」とメッセージで締めくくった。

・合わせて読みたい→五郎丸のフランス移籍にファン落胆「今シーズンもみたかった…」

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ