職場で目の保養になる「イケメン」の5大特徴って?

ウレぴあ総研

2019/6/12 06:30

菅田将暉、向井理、吉沢亮など、芸能界には毎年ものすごい数のイケメンが現れますね。

女性にとっては目の保養、そして生きる糧、明日への活力になるのがイケメン。

今回は、芸能界だけではなく、一般社会にも普通に存在しているイケメンの探し方をご紹介いたします。

■イケメンは清潔である

イケメンはとにかく清潔です。というより、ブスが不潔と言った方が正しいかもしれません。

柔軟剤の香り、つるつるのお肌、アイロンのかかったシャツ、奇抜ではないヘアスタイル、整えられた眉毛。この5つが並ぶとかなりイケメンですよね。

職場には毎日行かれる方が多い中で、日々これらに気を付けるというのはなかなかの努力が必要だと思います。

■イケメンは自信がある

イケメンはとにかく自信があります。というより、ブスに自信がないと言った方が正しいかもしれません。

自信があることで、落ち着いて仕事を片付けていきます。仕事ができる人は誰だって好きですよね!

逆に言うと、どんなに顔がよくても自信がないと卑屈っぽくなり、イケメン扱いされなくなってしまいます。

■イケメンは姿勢がいい

イケメンは姿勢がいいです。というより、姿勢が悪いとブスになると言った方が正しいかもしれません。
デスクに座っているとき、猫背だったら…首が前に出ていたら…。いくら顔がよくてもがっかりですよね。

姿勢は、意識と筋肉で保てるようになるものです。実際に姿勢が悪いと顔のたるみの原因になるので、日本全国誰でも要注意ですよ!


■イケメンは悪口を言わない

イケメンは悪口を言いません。というより、ブスは悪口ばかりと言った方が正しいかもしれません。

言葉には「言霊」と呼ばれる力があります。悪口や愚痴ばかり言っていると、自分自身の精神だけでなく、容姿にも影響を与えてしまうのです。お花や草木でも毎日よい言葉をかけてあげるときれいに育つと言います。人間も同じです。人類みんな、褒められて伸びるタイプです!

■イケメンは笑顔がいい

イケメンの笑顔は、いいに決まっています。というより、ブスは大体怒っていると言った方が正しいかもしれません。

怒っている顔より、笑っている顔が素敵なのは、容姿関係なくみんなそうですよね。


誰だって怒られたくないし、怒っているところを見たくもありません。職場でも同様です。怒ったってだいたいのことは何も変わりません。怒って嫌な空気にしてしまうより、パッと花を咲かせるような笑顔で周囲と接しましょう。仕事の効率にも影響が出ると思いますよ!
つまりイケメンとは、『概念』なのです。単に顔がかっこいいことだけを指すのではありません。

清潔であり、自信があり、姿勢がよく、悪口を言わず、笑顔である。

これぞイケメン!最高!!国宝!!エボリューション!!職場の菅田将暉!!!

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ