星野真里、友人のタレコミで優等生キャラが崩壊し号泣

※画像は、『ダウンタウンなう』公式Twitter より

 

6月7日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、女優の星野真里が登場し、「清純派」としてのイメージが強い彼女が、友人からのタレコミであたかも腹黒い女であるかのように仕立てあげられ、思わず大号泣。その姿に、ダウンタウンの松本人志浜田雅功も大笑いとなっていた。

 

星野「優等生みたいな人生送ってきたんですけど」

 

番組序盤は、ダウンタウンからの被害を訴える星野。「昔番組で共演した時に、浜田さんから『死ねばいいのに』って何度も言われて怖くて、トラウマになったんです。もう浜田さんは無理かもしれないって」と告白すると、それを聞いていた松本は「素晴らしい!芸能界全ての気持ちを今、君が代弁してくれてるよ」と褒め称え、大爆笑となった。

 

しかし、進行役の坂上忍が「(星野の)親友である(フジテレビアナウンサーの)斉藤舞子さんからの証言があります」と紹介すると空気がにわかに変わる。「番組で長年共演していた明石家さんまさんの番組に出演していた時、いつも真里ちゃんはボソボソ1人で何か喋ってるんですけど、それをさんまさんに怒られた時『うるせぇ』とか『出っ歯』とか小さい声で悪口を言ってました」という証言に星野は「言ってないですよ!」とキレる。しかし松本が「(さんまは)うるさいとか出っ歯とかは思ってるの?」と聞くと星野は「まぁ……」と肯定し、浜田からツッコまれていた。

 

さらに坂上が斉藤アナからのタレコミとして「さんまさん、真里ちゃんと飲みに行った時に下ネタ話になって、(星野は)最初は恥ずかしがってたけど急にスイッチが入って、下ネタについて熱く語ってました」と紹介し、「清楚なふりして実はむっつり」とオチをつけられる。これに星野は「斉藤さんが開けっ広げ過ぎて、私はただ質問してただけです」と必死に弁明。

 

しかし松本から「でも星野さんはその話についていけてるんでしょ?」と聞かれると星野はついに大号泣。「私今まで、割と優等生みたいな人生送ってきたんですけど」と絶叫し、坂上も「面白いな、真里ちゃん」と妙に感心していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ