山里亮太、先輩から誘われた時の断り方を暴露

※画像は、『ひねくれ3』公式Twitter より

 

6月8日放送の『ひねくれ3』(テレビ東京系)では、視聴者から寄せられた「嫌いな先輩からの誘いを断る方法」に関する悩みが取り上げられ、南海キャンディーズ・山里亮太が独自の断り方を披露してスタジオを爆笑させた。

 

細かい演技プランを三四郎・小宮相手に再現

 

まず秋元真夏が「20代OLの悩み」として「嫌いな先輩からよく食事に誘われる。猫を購入して『家に猫を待たせてるから帰らなきゃいけない』と断ろうと思っているがひねくれているか?」と発表。これに山里は「無茶苦茶賢いじゃない。むしろ優しいよ。そのためにわざわざペット(を飼おうとして)偉いじゃん」と褒め、「断るためにペットを飼ってまでする必要あるんですかね?」と聞く秋元に「嫌な人は本当に嫌なのよ。忘れちゃいけないのは時間を奪っているという感覚」と断言。

 

秋元が「先輩側は楽しくお話しようと思って誘ってるわけじゃないですか」というと山里は「だから断った時点で諦めなきゃダメ。『何で?』とか聞いちゃダメなの」と誘う側に意見し、三四郎・小宮浩信も「確かに。そこまで行ってそこから飲んだとしても楽しくない。ギクシャクしてて」と同調した。

 

続いて山里は「でもペット飼ってるって言うと何回も使えないの」とし、「俺は『この人絶対誘うな』って人の時は、ティッシュここ(奥歯の方)少し詰めて『昨日親知らず抜いたんです』って言う。それ一発です」と暴露。さらに山里は「後は行きたそうな空気。『う―わ今日っすかぁ~。今日先輩からなんか熱帯魚預かってて(ヒーターの)スイッチ入れ忘れて帰ってやらなきゃいけないんすよ』」と再現してみせ、「(誘った人は)まぁまぁまぁイイよ」と乗っかる小宮に「またお願いします。うわぁ~くっそー!」と続けてスタジオは大爆笑!

 

その後、ハライチ・岩井勇気が「あるっしょ、先輩から面倒くさい誘い」と聞くと秋元は「ありますね」と答え「次の日はすごい早いことにするとか……」と断り方を暴露。山里は「通じる?」と尋ね、「通じない人は『私も早くても全然いけるタイプだから大丈夫だよ』みたいな」と話す秋元に「今の喋り口調では同じ系統の仕事だって分かるよね」と深読みしていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ