探偵漫画・推理漫画の犯人にあるある26連発!「左利きのせいで証拠が残る」「序盤は完璧なアリバイがある」

『名探偵コナン』や『金田一少年の事件簿』など、探偵モノや推理モノのマンガには人気作品がたくさんありますよね。自分も探偵になったつもりで「この人が犯人かな?」と推理をしながら読み進められるのスリルがあり、他の作品では味わえない臨場感を味わえますよね。

探偵漫画・推理漫画の犯人あるある26選

作中で起こるさまざまな事件のトリックには毎回関心してしまいますが、不思議とこれらの作品に登場する犯人には行動パターンがあるもの。そこで今回は探偵漫画・推理漫画の犯人にありがちなことをピックアップしてあるある形式にまとめてみました。思わずニヤついてしまう珠玉のあるあるを26連発でどうぞ!

 

1. 観念したら急におしゃべりモード
完全に追い詰められて観念した途端にベラベラとトリックの仕掛けや犯行の目的を話し始める犯人。そんなにおしゃべり好きだったのか……!

 

2. 自白を拒否すれば捕まらないのに
探偵に問い詰められてもかたくなに否定していれば捕まらないのに、というシーンをよく見かけます。

 

3. アリバイが完全にバレると高笑い
そこで笑わずに否定しておけばもうちょっと逃げられたかもしれないのに……!!

 

4. 自白が始まると一人称が変わる
ずっと「僕」「私」が一人称だった人が、観念した途端に性格が変わり、一人称が「俺」に。

5. 自白後に自殺しようとして止められる
からの、説得をされて涙を流しながらの確保。

 

6. 小説で得た知識を実際の犯行に使う
小説で読んだトリックをそのまま実践する犯人。そんなにうまくいくものなのでしょうか。

 

7. 左利きのせいで証拠が残る
「この傷跡は左手で刺したものだ!」

 

8. 主人公とその仲間は犯人ではない
疑われることもありますが、さすがに犯罪に手を染めることはありません。

 

9. 性格が最初から悪い人は犯人ではない
悪そうな人が犯人だったら作品として面白くないですからね。

 

10. 家族が殺人事件の被害にあっている
犯人は両親や兄弟、恋人が殺人事件に巻き込まれていて、その復讐で犯行に及ぶことが多いですよね。

 

11. とんでもない猛毒を入手できる
人をすぐに死に至らせることができる猛毒を謎のルートで入手します。

 

12. 首吊り自殺を偽装する
殺したあとの人を首吊り自殺に見せかけますが、動かなくなった大人を動かして自殺に見せかけるのには相当なパワーが必要では……。

 

13. 序盤は完璧なアリバイを持っている
この人は絶対犯人じゃないなと思われる人ほど犯人だったりするんですよね。

 

14. 簡単に2人目、3人目を殺人する
ターゲットは1人目だけだったのに、トリックに気づいた人も殺してしまっうんだ……。

15. 最初は殺人の意志がなかった
何かのはずみで人を殺してしまい、それを隠そうとするうちに次々に犯罪に手を染めていってしまいます。

 

16. 動機のない犯罪はしない
無差別殺人や突発的な犯罪などはなく、犯罪のすべてに何らかの動機がありますよね。

 

17. 子どもは犯人になることはあっても被害者にはならない
「こんな子どもがなぜ……!」というパターンはありますが、倫理観の問題で子どもが被害者になることはほぼありません。

 

18. 警察の捜査では無実だと思われる
しかしその後に探偵の調査によって徐々に怪しい要素が見つかり始めます。

 

19. 主人公の仲間を殺そうとして未遂に終わる
寸前で他の人が部屋に入ってきたりして、仲間は被害に合わずに済みます。

 

20. 電話線を切断する
犯行におよんだ建物の電話線は切断して孤立状態に。携帯電話がない頃の定番あるあるです。

 

21. たまに被害者より犯人に同情してしまう
犯人の動機を聞いていたら「それは被害者が悪いよな……」と同情してしまうことも。

 

22. 女性の犯人は華奢なメガネ女子
この人は犯罪に手を染めなさそう、という見た目で描かれがちです。

 

23. 男性の犯人は金持ちエリート
生活が潤っていて犯罪に手を染める理由がないと思われがちな人ほど犯人になりがち。特に医者が知識をフルに使って犯行に及ぶことが多め。

24. 犯人は鉄道マニア
1週間のうちこの日だけ○時着の電車は○番ホームに停まる、などという知識を有効活用。

 

25. 回想シーンがただただ長い
回想だけで週刊連載1話分が終わってしまうことも。

 

26. 映画化されると犯人がすぐバレる
大物声優や俳優が起用された人物が犯人の確率が高すぎ問題。

ある程度のパターンはあるけど面白い!

こうしてまとめてみると探偵漫画や推理漫画の犯人には傾向があること判明。それでもトリックが面白かったり、緊迫した描写があると作品にのめり込んでしまうものです。探偵漫画・推理漫画といえばコナンと金田一少年というイメージが強いですが、ぜひいろいろな作品に触れてみてくださいね。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ