パリで働く女たちとその家族の“幸せ探し”を描く感動作

NeoL

2019/6/11 09:25



『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』が高い評価を得たマリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督の最新作『パリの家族たち』が公開中。

フランス・パリ。女性大統領のアンヌは、職務と母親業の間で不安に揺れる。一方、シングルマザーのジャーナリスト・ダフネも仕事を優先するあまり、子供達とうまくいかない。独身を謳歌する大学教授のナタリーや、小児科医のイザベルなど、彼女たちはそれぞれの幸せを求めて奮闘するが――。

パリで働く女性たちとその家族にフォーカスし、幸せの在り方を提示する本作。フランス流の人生観に、あなたは何を思う?

パリの家族たち監督:マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール出演:オドレイ・フルーロ、クロチルド・クロ、オリヴィア・コート、パスカル・アルビロ、カルメン・マウラ、マリー=クリスティーヌ・バロー、ニコール・ガルシア、ノエミ・メルラン、ジャンヌ・ローザ(2018年/フランス)公開中(C) WILLOW FILMS – UGC IMAGES – ORANGE STUDIO – FRANCE 2 CINÉMAhttp://synca.jp/paris/

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ