【ダイエット企画】朝晩は糖質抜き「昼だけ普通に食べるザップ」1カ月経過 → 大した苦労もしてないのに……!



どうもみなさん、こんにちは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。いやー、暑いですね。最近はちょっと落ち着いてきましたが、今年の5月は5月とは思えないほど暑かった……。たまたまだとは思いますが、この分だと夏本番が思いやられますね。ハッキリ言って怖い。

さて、ゆるゆるのダイエット企画『昼だけ普通に食べるザップ』を開始してから、およそ1カ月になろうとしています。私が過去に実践してきたあらゆるダイエットの中でもっともイージーな挑戦ですが、体はどう変化したのでしょう? さっそくご報告します。

・長続きすることが大事
この企画は「そこまで頑張らなくても出来るダイエット」をコンセプトに、41歳の中年男性が己の体を実験台にしたガチ企画です。私自身は過酷なダイエットでもやり遂げる自信はありますし、実際にやり遂げてきたのですが、やっぱり長続きすることが大事ですよね。

ざっとおさらいになりますが、以下で『昼だけ普通に食べるザップ』の概要をご覧いただきましょう。

・ 朝食は糖質抜き(サラダがメイン)
昼食は好きなものを食べる
・ 夕食は糖質抜きで、18時を目処に食べ終える
・ 21時頃にプロテインを一杯飲む(お腹が空いていたら)
・ 1日2リットルの水を飲む
間食は厳禁
・ ストレスが溜まってきたらチートデーを発動
・ 飲み会などは基本断らない。その時は普通に食べる
・ 週2~3回のジム通いは継続
・ 有酸素運動はしない

簡単に言うと、流行りの糖質制限を「1日中ではなく朝晩だけにする」というダイエットです。経験上、筋トレや有酸素運動も大切ですが「食が8割」だと考えていますので、これでもそれなりに成果は出る……ハズ。あとはやはり、間食をやめると相当違うと思うんですよね。

・1カ月やってみた感想
詳しい数値については最後に報告しますが、ここ1カ月『昼だけ普通に食べるザップ』をやってみた感想は「余裕過ぎる」といった感じでしょうか。もちろん、私が過去に過酷なダイエットを経験したからなのもあるのでしょうが、1日1食好きなものを食べられると「こんなにストレスが溜まらないのか」と驚きました。

例えば「ラーメン食いてえ」とか「脂っこいの行きてえ」と思っても、次の日に食っちゃえばいいんです。というか、毎日1回は好きなものを食べているので、そこまで「あれが食べたい、これが食べたい」という欲求自体が湧いてきません。ここは完全糖質オフと明らかに違うポイントです。

さして食べたいものが思い付かないので、私は近所の中華弁当かカレー、もしくはバーガーキングばかり食べていました。もちろんポテト付きでなんならナゲットもセット。特にバーガーキングは週3くらいで食べていたと思います(クーポン使うと安いんですよ)。

・ほぼストレスなし
さらに言うならば、何度かは夜も普通に食べてしまいました。飲み会や家族の誕生日でしたが、そこでも遠慮はしません。「今日は食っちゃおう」と割り切り、普通に食べます。誕生日の時はケーキも食べましたから、本当にストレスは溜まりませんでした。

ややツラかったのは「間食抜き」ですかね? 私はお菓子が大好きなので、どうしても食べたいお菓子があったときは昼ご飯の最後にちょっと食べました。あと、意外と水2リットルが慣れるまでは大変。過酷なダイエット中は3リットル余裕で飲んでいたので、気合いの差かもしれません。

さてさてさて、一言でいえば超イージーモードだった『昼だけ普通に食べるザップ』ですが、果たして体はどう変化したのでしょうか? 1カ月目の経過報告です。

体重: 64.5kg → 64.4kg

筋肉量: 51.4kg → 53.0kg

体脂肪率: 15.6% → 13.1%

ご覧のように体重はほぼ変わっていませんが、筋肉量が増え、体脂肪率は2.5%も減りました。継続して通っているジムでハードなメニューにしたワケでもないのに(そもそも首のヘルニアで軽くしかできない)、この変化は驚きです。うん、やっぱり食ですよねぇ。

というわけで、『昼だけ普通に食べるザップ』は順調な滑り出しと言っていいのではないでしょうか? ただ、昼は普通に糖質を摂っているので、そこまでは絞り切れないと予測されます。また、私は近日アメリカに1週間ほど出かけるので、その際はガチ食いすることもあらかじめ申し上げておきましょう。

とはいえ、この企画は「そこまで頑張らなくても出来るダイエット」がコンセプトです。停滞期もあれば、体重が増えることだってあるハズです。読者のみなさんもそこをご理解の上、ゆるゆるとお付き合いください。それでは次回は2カ月目の経過報告でお会いしましょう。アディオス!

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ